仕掛け 冬仕様カテゴリの記事一覧

冬仕様の仕掛け

いよいよ黒鯛がもっとも元気のいい時期に突入しましたね。

テトラ帯で釣れると、いっきに突っ込まれてよく切られます・・・

その突っ込みをしのいで、けっこう強引に浮かすのが醍醐味のひとつです。


先日、テトラ帯でいつものように釣りをしていて、アワセと同時に走られました。

元気のいい時期だということを忘れていて、急いで竿を立てたのですが、浅い根にもぐられてしまいました。

「かぁ〜、もぐられたよぉ」

同じ釣りクラブのメンバーと話しをしながら糸を緩めてみたり、引っ張ってみたり・・・

「こりゃあ 出てこないなぁ」

と言った途端、またしても突っ込み開始です。

たまたま糸を引っ張った時だったので、深くへは突っ込まれずに済み、

「よーし、獲れたな」

と思った瞬間、

「プツン」

切れました・・・

もぐられた時にハリスがテトラでスレてたんですね。


まぁ、よくある話しなのですが、この時期の黒鯛はたいして大きくもないのに思いっきり引っ張りますので、

「油断禁物」

ですよね。



さて、黒鯛が元気のいい時期になったということで、そろそろ仕掛けも

「冬仕様」

にする時期です。


防波堤での落とし込みしかやらない人は冬はオフシーズンなのかも知れませんが、

私たちはテトラ帯の

「居着き」

を狙いますのでオフシーズンはありません。

冬はエサ取りもいませんし、数は減りますが、釣れるとほとんど大型なのでかえってオモシロイですよ。


ということで、

「冬仕様」

の仕掛けについてお話します。


「冬仕様」と言っても、たいこリールをスピニングにするような根本的な変更をするわけではなく、

「太く」なったり「でかく」なったりするだけです。



まずは竿。

私の場合、竿を3本持っていますが、

「冬仕様」はもっとも硬いものに替えます。

理由は単純にほとんどが大型だからです。



次にハリス。

「夏仕様」は1.2号からもっとも太いハリスで1.7号ですが、

「冬仕様」は2.5号のみです。

大型に対応するためということはもちろんですが、テトラ帯での釣りになるので、釣れると必ず根ズレでハリスがボロボロになるからです。

テトラのようなスレる物がない防波堤ならば、たとえ60cmの黒鯛でも1.7号で切れません。

ところが、黒鯛に引っ張られてテンションがかかっている状態でスレるといとも簡単に切れてしまいます。

ですので、掛けたら多少スレても一気に浮かせるために2.5号です。


フロロカーボンのハリスを使いますので、2.5号だとハリを結ぶ時など少々扱いづらく、慣れが必要かもしれません。



最後はハリ。

「夏仕様」では、カニ用3号or4号ですが

「冬仕様」はカニ用5号です。

これは竿と同じ理由で大型対策。

ちなみに道糸は夏も冬も同じもの(3号)です。

ガン玉も基本的には状況にあわせて大きさを替えますので、

とくに「冬仕様」というものはありません。

ただ、やはり冬は波のパワーが強いので、夏よりも大きいものを付ける機会が多いですね。



私は以上のような工夫をしています。

なにか参考になることはありましたでしょうか?


では、黒鯛が沖へ落ちるまでの期間、

元気のいい黒鯛との勝負を楽しみましょう!!


黒鯛年間600匹 『落とし込み&前打ち』 こうすれば釣れます!!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。