黒鯛(チヌ)の仕掛けについてカテゴリの記事一覧

黒鯛(チヌ)の仕掛けについて

落とし込み&前打ちの仕掛けについて考えます。


40年以上釣りをしてきて感じることは、

「仕掛けはシンプルが一番」
ということです。


もちろん、めんどくさがりな私が出した結論なので「そんなことはないよ」とおっしゃる方も多いとは思いますが、釣り場についてすぐに釣りができるような簡単な仕掛けで釣れてしまえばそれが一番なのではないかと・・・

そんな考え方ですので、黒鯛(チヌ)釣り仕掛け(釣り方)はシンプルな落とし込み前打ちになりました。

では実際にどのような仕掛けを使っているかというと、本音は「道具にこだわりはありません」・・・

強いて言えば、各釣り場に合った長さの竿で、その竿が硬ければOKです。

硬い竿を使う理由は、テトラ帯での釣りが多いため、一気に浮かさないとほとんど獲れないからです。

また、タイムラグなくアワセを食らわしたいためです。

そんな黒鯛(チヌ)釣り方をしたい方には大まかな仕掛けの内容ですが参考になるのではないかと思います。

仕掛け全部に言えることですが、食いの良い日はどんな仕掛けでもいいのですが、食いが渋い日には、道糸・ハリス・ハリ・ガン玉を交換してみて、もっとも反応の良いものを見つけることが釣果を伸ばすポイントです。

独自の使い方を考案して、より釣果に結びつくように工夫してみてください。


黒鯛年間600匹 『落とし込み&前打ち』 こうすれば釣れます!!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。