仕掛け ガン玉カテゴリの記事一覧

黒鯛(チヌ)釣りの仕掛け 「ガン玉」

《ガン玉》


・大きさ

5B以下の大きさをそれぞれ用意します。

どのような状況の時にどの大きさを使うかについての法則はありません。

エサが沈む速度の調整を、その日の食いに合わせる必要があることと、ガン玉が黒鯛に違和感を与えることに注意が必要です。

よくガン玉に歯型がつきますが、これによっていろいろな予測がつきますので観察してみてください。

ただ、ガン玉に歯型がつく場合のほとんどが、「アワセが遅い」ので・・・

私の場合、2Bより大きなガン玉を使う事はほとんどありません。

流れの速い川や二枚潮以外は、ガン玉なしかBです。

波が大きい時には2Bを使います。

夏場のベタ凪の朝マズメなどはガン玉をつけずにハリの重さで沈めます。

それでチヌがくわえた瞬間に「ガツン」とアワセたときがなんとも言えぬ快感です。


・種類

いろいろなものが販売されていますが、ガン玉そのものの差で食いが変わるものではないので使い易いものであればOKです。

オススメは扱い易さと価格の安さで「やわらかおもり」です。


・色

色によって食いに差を感じる時があれば変えたほうがいいと思います。

経験的には光っていないものが良いように思いますが、黒に塗ってあるものの方が食いがよいと感じた事は無いので、一般的なものでよいのではないでしょうか。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。