仕掛け ハリスカテゴリの記事一覧

黒鯛(チヌ)釣りの仕掛け 「ハリス」

《ハリス》


・素材

理想はもちろん「細くて切れない」なのですが、素材によって伸びや感度が違います。

また、同じ太さでも素材によってそれぞれ強度が違いますので、道糸との強度差にも注意が必要です。

ハリスの方が強くて、道糸が切れるようなセッティングではシュミレーションができません。

また、素材によって、エサを沈める際の道糸とのバランスにも差が出ますので注意が必要です。

オススメはフロロカーボン100%のものですが、ちょっと硬いので、太くなると扱いづらいかもしれません。


・太さ

素材と同様に「細くて切れない」が理想ですが、やはり道糸とのバランスが大切です。

また、釣り場の状況によっても太さを考える必要があります。

釣れた際に擦れるような場所ならば太目のハリスにする必要があります。

黒鯛がかかり、思いっきり引っ張られている最中にテトラの角にでも「チョン」と当たっただけで切れてしまいます。

テンションのかかっている際にナニかに当たると一瞬で切れます。

キズなどの問題のないハリスならば、まったく擦れるところがなく、単純に黒鯛と引っ張り合いをする場合、たとえ60cmの黒鯛だったとしても1.2号で切れません。

もちろん、竿のしなりもあっての事ですが、あくまで単純に引っ張り合いをした場合です。

1.7号ならば「絶対」と着けてもいいくらい切れません。

皆さんも経験があると思いますが、「ナゼここが切れたのだろう」と考えた時に、切れた場所にはキズだったりハリの結び目だったりとなんらかの理由があります。

引っ張り強度だけならば相当な強さがあることを頭の中に入れておくだけで、ハリスの良い選択ができるようになります。


・長さ

ハリスの長さも状況に合わせて替える必要があります。

落とし込み前打ちでは「矢引き」から「ひとヒロ」が一般的ではないでしょうか。

テトラなどの擦れに注意しなければいけない場所の場合、あまり長いとその分切れる確立が高くなりますし、逆に短いと釣果に影響が出ます。

経験的な感覚では、長い分には食いに影響は無いのですが、かなり食いの良い日でも35cmより短くなると反応が鈍ります。

水深が1.5mほどのテトラ帯の場合、時には背びれが見えるところにいることがあり、ハリスが全部入る前に食ってくる場合があります。

そんな時はアワセと同時に一気にテトラの穴に入るのでハリスが長いと獲れる確立が格段に下がります。

そのような場合を除くとやはりあまり短いと違和感を感じるようです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。