黒鯛(チヌ)の釣り方あれこれカテゴリの記事一覧

ルアーで黒鯛(チヌ)釣り

前回の記事に「ちょっと変わった釣り方をやってみたいと思う」と書きましたが、そのひとつとしてルアーでの黒鯛(チヌ)釣り。
最近のルアー釣り人気で、黒鯛(チヌ)ルアーで狙うという人が出てきましたね。

ちょうど、私のブログを見に来てくださった方の中にも、ルアーで黒鯛(チヌ)を狙ってみたと言う方が数人いらっしゃいます。

今までの黒鯛(チヌ)釣りではなかなか考えられないことですが、ちょうど変わった釣り方をやってみたいと思っていたのでトライしました。

と言っても、初めてトライしたのはもう5年以上前のことですが・・・

キッカケはスズキ釣りをしている知人がスズキ用のハードルアーで45cmほどの黒鯛(チヌ)を釣った時に、「まぁ、それもありか」と思ったことからでした。

ただ、釣ったルアーは黒系の色のバイブレーションだったのですが、それを黒鯛(チヌ)が食ったとは思ってませんが・・・

で、トライした結果はというと、


釣れます。



ただ、回遊魚のようにナブラが立つわけでもありませんし、小魚を追いかけて回遊しているわけでもないので、沖に向かってルアーを投げても釣れないだろうと予想して、ポイントを絞ってやってみました。

黒鯛(チヌ)の通常のベイトは小魚ではないので、ルアーもワーム系のものを使いました。

スズキ釣りをしていて釣れた知人のように、偶然?で釣れても意味がないので、狙って釣れるようにポイントやルアーに条件を着けてどうすれば食ってくるかを調べてみました。

その結果、もっとも確立の高かったのポイントはテトラの穴で、もっとも確立の高かったルアーは数種類を組み合わせたものでした。

テトラで前打ち&落とし込みをする際に、食いの悪い時にこれを使うと爆釣する悪名高き某エサがあるのですが、ルアーを数種類組み合わせてそのエサに似せたものが、案の定もっとも反応が良かったです。

思ったよりも簡単に釣れたので、ちょっと拍子抜けしましたし、前打ち&落とし込みのナニがおもしろいかを考えると、私にとっては意味のない釣り方だという結論なのですが・・・

たまにお遊びでやるにはいいかなぁという感じです。

ちなみに、ルアー釣りしかしたことのない人にはちょっと難しいかもしれませんが、前打ち&落とし込みで釣れる人ならば誰でも釣れますので試してみてください。

ただし、掛けてから取り込みまでのあの「いつもの楽しさ」はありませんので悪しからず。

黒鯛(チヌ)の釣り方あれこれ

子供の頃からいろいろな釣りをしてきて、最終的に行き着いたのが黒鯛(チヌ)です。

黒鯛(チヌ)釣りといってもその釣法は沢山ありますよね。

私の場合、どの釣り方がもっとも釣れるかという選び方ではなく、どの釣り方がもっとも手軽かで選びました。

効率の良いものを選ぶ性格なので、どうしても費用(手間や準備時間)対効果(釣果)?の悪いものは排除してしまいます。

で、なにを選んだか…

      「落とし込み・前打ち」   です。

しかも、海まで車で15分程で行けるため、竿すら全部はたたみません。(写真をご覧ください)
落とし込み用の竿を使った事のある人はガイドがどうなっているかわかると思いますが、投げ釣り用の竿のようにたたんでもガイドが外に出ているわけではないので、糸をはずさずに竿をたたむ事ができません。

そのためにガイドがもぐらない場所にストッパーのビニールテープを巻き、その場所まで竿を縮めて針を一番下のガイドに引っ掛けて糸を張るだけ。

ようするに、メンドクサイことがキライなだけなんですけどね…


だから、大量のコマセを準備して、沢山の荷物を持って釣りへ行くなんて考えられない。

できる限りシンプルに。

ほとんどの場合、朝マズメならば釣り場に着いて30秒以内に1匹釣ってます。

メンドクサガリの証?として上の写真のハリとガン玉を見てもらうとわかります。

ハリはサビてます&ガン玉には歯型がついてます・・・

こんないい加減でも、年間600匹は釣れます。

数年前に600匹すべてのデータ(日時・潮・えさ・大きさなどなど)をとってエクセルで管理し、解析をしたことがあります。
その結果、恐ろしい事実が判明しました。

その結果についてはまた次回にでもお話します。

200708061826000.jpg200708061825000.jpg






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。