居つきの黒鯛

釣果はいかがでしょうか?

ここのところ海が荒れている日が多くて
なかなか釣りができない日が増えました。

冬を実感します。

黒鯛は冬には「落ち」といって
深場へ移動してしまいます。

ただ、「居つき」といって、
そのまま岸の付近で越冬する黒鯛もいます。

冬の期間はこの「居つき」を狙うわけですが、
夏場と同じようには釣れません。

「場所」
「エサ」
「仕掛け」
「時間」
「潮」
「波」

その他すべてが違ってきます。

そもそも「落ち」で沖の深場に行ってしまうので、
黒鯛の絶対数がいないわけですし、
その上、活発に捕食することがないので、
チャンスが少ないわけです。

そんな状態なのに、エサが違っていたら・・・


「これが絶対」というものはありませんが、

「今日はこれが正解」という状態はありますので、

それを知っていればいいわけです。


どうすればそれを知ることができるのかというと、

もっとも確実な方法は「経験を積む」ことです。

そして、

もっとも簡単な方法は「知ってる人に聞く」ことです。

両方の方法をやればさらにいいわけですよね。


釣りへ行く(行ける)機会も減る時期ですし、
黒鯛の活性も下がる時期ですので、
実力を上げるためにも、そんな事を意識してみてください。


さて、このブログとメルマガがキッカケで、
黒鯛釣りのマニュアルを出すお話しをいただきました。

すでに発行しからかなりの日が経っているのですが、
機会がありましたら

 http://fresh4em.xsrv.jp/ 

をご覧いただけると幸いです。


今後も皆様の釣果アップに繋がるような情報を配信して行きますので
宜しくお願いいたします。

冬の釣り

釣果はいかがでしょうか?

昨年の今頃にも同じような内容をお知らせしましたが、
今回は冬の期間についてです。


冬の期間はシーズンオフになる人もいらっしゃるようですが、
この冬の期間こそ、実は実力を上げる絶好の期間なんです。


<その理由は>

1、冬でも釣行する人は、もちろん厳しい状況で
  釣りをするわけですから必然的に実力が上がります。

  春には格段に実力が上がっています。

  釣り仲間やライバルがビックリするほどに・・・

  今まで冬はシーズンオフにしていたのであれば、
  是非トライしてみてください。


2、冬の期間はシーズンオフにするという人が
  まったく実力が上がらないというと、
  シーズンオフに実力を上げる方法があります。

  釣行へ行かないからこそ見えてくるものもありますので、
  シーズンオフの期間も黒鯛釣りのことを考えている人は
  必ず実力が上がります。

  シーズン中に上手くいかなかったことや、
  ご自分に足りない事を確認して、
  まずは知識として脳に記憶させ、
  その後イメージトレーニングをしてください。

  このイメージトレーニングは効果がとても「大」です。

  すべてのシーンのイメトレをするのですが、
  特に力を入れてやっていただきたい部分は、
  
  「状況に対するシュミレーション」です。

  海の色・波・風などを具体的にいつも行く場所に当てはめて
  イメトレすることによって、実際に行った時に今までよりも
  状況判断のバリエーションが増えていることに気がつくと思います。

  それによって随分黒鯛をゲットする確立があがります。


どちらを選択するにしても、
来春には実力アップ間違いなしです。


さて、このブログとメルマガがキッカケで、
黒鯛釣りのマニュアルを出すお話しをいただきました。

すでに発行しからかなりの日が経っているのですが、
機会がありましたら

 http://kurodai600.4emms.jp/ 

をご覧いただけると幸いです。


今後も皆様の釣果アップに繋がるような情報を配信して行きますので
宜しくお願いいたします。


防波堤とテトラ

今回は「防波堤とテトラ帯」についてです。

この時期になると、
防波堤での落とし込みの効率が悪くなるような気がします。

私は通年でテトラ帯での釣りが多いのですが、
もちろん、防波堤での落とし込みもやります。

各地で落ち(黒鯛が沖へ出てしまう)の時期が違いますが、
防波堤に着いている黒鯛の数が減るのが原因だと思われます。

また、水温の変化で防波堤に着いているエサに変化があるのも
原因のひとつですね。

とは言え、まったくダメなわけではないので、
丹念に探ってみるのもいいのではないかと思いますが・・・

夏の時期に釣れていた場所が釣れなくなった場合は、
そんな理由からかもしれませんので、
場所を変更してみるのも有効な方法ですので、
いろいろと試してみてください。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**=*=*=*=*=*=*=*=*=*

さて、このブログとメルマガがキッカケで、
黒鯛釣りのマニュアルを出すお話しをいただきました。

すでに発行してからかなりの日が経っているのですが、
機会がありましたら

 http://fresh4em.xsrv.jp/

をご覧いただけると幸いです。

今後も皆様の釣果アップに繋がるような情報を配信して行きますので
宜しくお願いいたします。

----------------------------------------------------------------

秋の引き

今回は「引き」についてです。

いよいよ10月に入り、黒鯛の引きが強くなる時期ですね。

私はテトラ帯での釣りが多いので、この時期になると
たいして大きくもない黒鯛でも一気に突っ込まれて
なかなか獲れないことが多くなります。

テトラにハリスや道糸が当たって切られるわけです。

今までいろいろな対策を考えてはきたのですが、
なかなか思ったようにはいきませんね。


私が心がけていることをいくつかご紹介します。

まずは、手っ取り早い方法として「硬い竿を使う」。
これは、黒鯛を掛けて、切られる前に最初の突っ込みを
止めるためには必要な要素です。

柔らかい竿を使っていると竿がしなる分、
黒鯛が動けますので、テトラの影に逃げ込む際に
糸がテトラに当たって切れてしまいます。

硬い竿で「胴に乗せる」アワセをします。

竿が硬くても無駄な糸が出ていると、その分竿がしなるのと
同じように突っ込まれるので要注意です。


その他には、アワセる角度を考えます。

これは、黒鯛は引っ張られる方向と逆へ走りますので、
テトラのない方向へ走らせるために、その逆方向へ
アワセるわけです。

これは文字で書くと簡単なのですが、
いつ来るかわからないアタリですので、
アワセの瞬間に方向を考えることができるようになるには
けっこう慣れが必要ですね。

また、どこにどのようにテトラが入っているか
水中の様子がわかっていないと方向も定まりません。


他にも、食いが悪くなるのを覚悟の上で、
ハリスを太くするなどの方法があります。


たくさんの方法がありますのでいろいろと試してみてください。


=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**=*=*=*=*=*=*=*=*=*
さて、このブログとメルマガがキッカケで、
黒鯛釣りのマニュアルを出すお話しをいただきました。

すでに発行してからかなりの日が経っているのですが、
機会がありましたら

 http://fresh4em.xsrv.jp/

をご覧いただけると幸いです。

今後も皆様の釣果アップに繋がるような情報を配信して行きますので
宜しくお願いいたします。
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**=*=*=*=*=*=*=*=*=*

遠征先の検索

今回は「釣り場探し」についてです。

皆さんはどのようにして遠征先などの釣り場を確認しますか?

ご存知の方も多いと思いますが、けっこう「グーグルアース」が
使えます。

地方の港などは鮮明に写っている場所が少ないのですが、
東京湾などはテトラポットの一つ一つがはっきり確認できます。

堤防やテトラ帯をの場所をグーグルアースでおおよそ確認しておくと、
初めての場所でも現地へ行ってからかなり時間を短縮できます。

ご自分の家や会社も確認できますので
まだ利用したことがない方は一度見てみてください。

http://earth.google.co.jp/

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

さて、このブログとメルマガがキッカケで、
黒鯛釣りのマニュアルを出すお話しをいただきました。

すでに発行してからかなりの日が経っているのですが、
機会がありましたら

 http://fresh4em.xsrv.jp/

をご覧いただけると幸いです。

冊子版(プリントアウトしたものを送ってくれる)をお申し込みいただければ、
パソコンがなくても見ることができます。

今後も皆様の釣果アップに繋がるような情報を配信して行きますので
宜しくお願いいたします。

エサについて

今回は「エサ」についてです。


みなさんはエサをとのような基準で決めていますか?

「カニ」「貝」「ムシ類」「ボケ」「ザリガニ」・・・

たくさんのエサがあります。

釣りをする日、どのエサがもっとも良い日なのかを考えることが
楽しい方も多いのではないかと思います。

ただ、いくつものエサを持って釣りへ行くのは金銭的にも大変です。

そこで、オススメは「得意なエサを作る」こと。

私の場合は「カニ」です。

「貝」の場合は当たりハズレがハッキリしていて、
食わない日はアタリすらありませんし、その他のエサは
エサ取りのかっこうの餌食になったり、入手が困難だったりで
手軽ではありません。

「カニ」は自分で捕まえますので(捕まえられない地域の方ゴメンなさい)
いくら使ってもタダ。
ムシ類ほどエサ取りの対象になる魚が多いわけではなく、それなりです。

「カニ」は着底すると海底につかまりますので、
慣れてくれば水中の様子がわかりますし、
ハサミなどの動きでアピール度も抜群です。

といった具合になにか得意なエサを作ってしまえば
「この場合はこうだ」という経験値が釣果アップに
おおいに貢献してくれます。

もちろん、もう一種類ほど別のエサも持って行きますが
もっとも多いパターンは、

メインが「カニ」で、おさえに「貝」です。

私の地域では両方とも自分で簡単に用意できます。


ある年、「今年はカニ」と決めて、
他のエサを一切使わなかった年があります。

「カニについて」や「水中の様子」がとてもよくわかりました。

釣果はどうだったかというと、
数種類使った年と変わらないどころか、年間で100匹ほど
多かったという結果です。

「カニがもっとも良いエサだ」ということを言いたいわけではなく
地域差もあるでしょうし、黒鯛のエサに対するスレもあるでしょうから
ご自分の地域でのもっともよさそうなエサを「得意エサ」にすることが
釣果をアップする方法のひとつだと思います。

私のオススメの「カニ」から試してみてください。


=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**=*=*=*=*=*=*=*=*=*
さて、このブログとメルマガがキッカケで、
黒鯛釣りのマニュアルを出すお話しをいただきました。

すでに発行してからかなりの日が経っているのですが、
機会がありましたら

 http://fresh4em.xsrv.jp/

をご覧いただけると幸いです。

冊子版(プリントアウトしたものを送ってくれる)をお申し込みいただければ、
パソコンがなくても見ることができます。

今後も皆様の釣果アップに繋がるような情報を配信して行きますので
宜しくお願いいたします。

----------------------------------------------------------------

海の中を想像する

今回は「海の中を想像する」についてです。


みなさんは釣りをする時に、水中の様子を想像しますか?

「ここにいそうだ」という場所にエサを落とし込むとか、
手当たり次第いろいろな場所に落とし込んだりしていると思いますが、
エサが沈みだしてから先の様子を想像することは、
釣果を伸ばす要素のひとつです。

それから、そもそも釣りをする場所の水中の様子がわかっていれば、
黒鯛が着きそうな場所がわかって釣果が伸びるのは当然ですよね。

同じ場所にエサを入れても、潮の流れによって着底する場所が
違ってきますので、想像の中にそんな要素も必要になってきます。

「今日はここにエサを入れると、ああなってこうなって・・・
で、チヌが咥えた時にアワセる」と想像して、
その通りになったときは快感です。

「ほらね」って感じ。


この感覚を身に着けていくには、

「実績のある場所に何度も通い」、

「同じエサを使う」

これをやり続けることがポイントです。


私の場合、もう40年以上釣りをしているので、
良く行く数箇所の水中の様子はどこにどのようにテトラ沈んでいて、
どこに出っ張りがあるなどすべて記憶しています。

そうなると、
「黒鯛がいれば、この潮で、ここに落とすと、エサがこう流れて、ここで喰う」
といった想像がつきます。

それでアタリがなければ、そこにはいないのですから移動です。
もちろん、海の状況や天候から「今日はいるはずなんだけどなぁ」
と思うと、何度か入れなおしますが。

こんなことをちょっと意識するだけで、
釣果を伸ばすことができますので、
是非みなさんも心がけてみてください。


=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**=*=*=*=*=*=*=*=*=*

さて、このブログとメルマガがキッカケで、
黒鯛釣りのマニュアルを出すお話しをいただきました。

すでに発行してからかなりの日が経っているのですが、
機会がありましたら

 http://fresh4em.xsrv.jp/

をご覧いただけると幸いです。

冊子版(プリントアウトしたものを送ってくれる)をお申し込みいただければ、
パソコンがなくても見ることができます。

今後も皆様の釣果アップに繋がるような情報を配信して行きますので
宜しくお願いいたします。

大雨

今回は「大雨」についてです。

ここのところけっこう強い雨が降りましたので、
雨についてお話します。

シトシトと降るような雨は、
水面を雨が叩いて人の気配を消してくれますし、
空が曇っていて影も出ず、
水中に届く光量も少ないので黒鯛の警戒心を緩めてくれます。

足場が滑る以外は好条件になりますね。

ところが、土砂降りの雨が続いてしまうとどうなるか…

まず、水面の水温が下がります。
そして、水面の塩分濃度が下がります。
短時間で極端にその状況になると、
浸透圧の差と拡散作用で潮の流れとは違う水の動きが起こります。

また、河口付近では増水して濁った河の水が海へ流れ出し、
かなり沖まで帯状になって見えます。

ここまで雨が降っている中で釣りをすることもないとは思いますが、
土砂降りの雨がしばらく降った直後の海はこんな状態だと思います。

そんな状況では、汽水域でも大丈夫な黒鯛ですが、
まず河口は濁りすぎと流れの速さで釣りになりません。
何度もトライしたことがあるのですが、
苦労するわりに釣れたことはありません。
シーバス(スズキ)はけっこう釣れますが…

湾内も奥へ行くほど水温の低下と塩分濃度が低下していて、
黒鯛が捕食しないようです。

ただ、湾内でも潮の通りの良いところではあまり影響がないようですが。

こんな状態の湾内のテトラ帯などで、
フナムシをエサに落とし込みをすると
グレ(メジナ)が釣れる場合があります。
グレの突っ込みは黒鯛よりも強烈ですので、
30cmもあれば十分楽しめますね。

肝心の黒鯛はどうかというと、正直いって期待薄…

海の状況が戻るまで様子を見た方がいいようです。

とはいえ、なにか新しい発見があるかもしれませんので、
釣りをしてみるのもいいかもしれません。

危険のない様に十分注意をしてくださいね。


さて、このブログとメルマガがキッカケで、
黒鯛釣りのマニュアルを出すお話しをいただきました。

すでに発行してからかなりの日が経っているのですが、機会がありましたら
 http://fresh4em.xsrv.jp/ をご覧いただけると幸いです。

冊子版(プリントアウトしたものを送ってくれる)をお申し込みいただければ、
パソコンがなくても見ることができます。

今後も皆様の釣果アップに繋がるような情報を配信して行きますので
宜しくお願いいたします。

海の変化

今回は「海の変化」についてです。

昨日の朝マズメに釣りへ行ってきました。

エサはいつものカニ。

ホームゲレンデに着いて海を見ると、かなりイイ感じ。

風がオフショアだったのが少々気にはなりましたが、
波もうねりではなく、海がザワつく感じで文句なし。

長潮の上げ7分。

いかにも数が釣れそうな感じでした。

期待しながら釣りを開始。

がしかし、予想に反してアタリがありません。

「おかしいなぁ・・・」

一通り探ってみましたが、黒鯛のアタリすらありません。

釣れたのはフグが2匹。

「なんでだろぅ?」と思っていると

潮が変わって、沖から酸欠の色をした潮がやってきました。

湾内のテトラ帯でしたので、外海とは潮の動きが違います。

「あぁ、そういうことね」

いい感じの海ではあったのですが、ようするに黒鯛が
口を使う時間帯ではなかったわけです。

そんな場合は場所を変えるのが一番。

さっそく場所を変えて、100mほど移動。

移動した場所は、すでに潮が変わっていて、
海の色はイマイチでしたが、潮が変わってから時間が
経っている場所だし、波がいい感じな分黒鯛が
戻っているだろうと予測。

案の定、3投目で本日の1匹目をゲットしました。

その後、場所を変えてもう2匹。

時間の関係で3匹釣って帰りました。

こんな感じで、海の変化に気を配り、
移動したりエサを変えたりすると釣れます。

より多くの経験をすると、

「変化に対応するもっとも効果的な方法」

を選択することが出来るようになりますので、
沢山の経験を積むことが大切です。

1人では1人分の経験しか出来ませんので、
すでに沢山の経験をしている人から教えてもらったり、
同じ釣り場で釣りをしている人と情報交換を
したりすることで何人分もの経験を知ることが出来ます。

そうやって得た情報を実践してみて、
自分のものにしていってください。


=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**=*=*=*=*=*=*=*=*
さて、このブログとメルマガがキッカケで、
黒鯛釣りのマニュアルを出すお話しをいただきました。

すでに発行してからかなりの日が経っているのですが、
機会がありましたら

 http://fresh4em.xsrv.jp/

をご覧いただけると幸いです。

冊子版(プリントアウトしたものを送ってくれる)を
お申し込みいただければ、
パソコンがなくても見ることができます。

今後も皆様の釣果アップに繋がるような情報を配信して行きますので
宜しくお願いいたします。

サイズが小さい・・・

いよいよ数釣りの時期に突入ですね。

数は釣れるのですが大型がさっぱり釣れなくなってしまいました。


先日は、「これぞ入れ食い」という状態で「一投一匹」と言う感じで釣れました。

朝マズメの4時頃から6時頃までで20匹以上の釣果。

「今日はいくらでも釣れるなぁ」と思っていましたが、
エサがなくなったところで終了。

ただ、釣れたサイズは最大で30cmほど。

一番小さい黒鯛はナント10cmほどでした。

こんな小さい黒鯛が釣れるなんてと逆に感心しました。


私は大きさより数を重視します。

大型は1匹だけならまぐれでも釣れます。

どんなエサでもどんな仕掛けでもまぐれは起きますから。

しかし、数を釣るためにはそれなりの実力が必要だと思うんです。

たとえ同じ入れ食いの日に釣りをしても、
5匹しか釣れない人もいれば数十匹釣る人もいます。


その差は釣りを見ていれば明らかに違いますから。


数が釣れる時期に沢山の経験を積んで、
あらゆる情報をインプットしていってくださいね。

そうすることで、必ずデカイやつに遭遇します。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**=*=*=*=*=*=*=*

さて、このブログとメルマガがキッカケで、
黒鯛釣りのマニュアルを出すお話しをいただきました。

すでに発行してからかなりの日が経っているのですが、
機会がありましたら

 http://fresh4em.xsrv.jp/

をご覧いただけると幸いです。

冊子版(プリントアウトしたものを送ってくれる)をお申し込みいただければ、
パソコンがなくても見ることができます。

今後も皆様の釣果アップに繋がるような情報を配信して行きますので
宜しくお願いいたします。

海藻

今日は10匹釣って帰ってきました。

皆さんの釣果アップのお役に立てる情報はないかと
いつも思っているのですが、本格的シーズン突入の
目安のひとつとして海藻の状態を確認するということ
を思い出しました。

今日もテトラでの釣りでしたが、海の状態が良く、
「今日はいいかも」と思ったと同時に、テトラに
ついている海藻をチェックしている自分に気が付き、
これは皆さんにお知らせしようと思ったしだいです。

地域差があるとは思いますが、のっこみが終わる頃
まで水中の海藻が元気で、カニをエサにしていると
カニが海藻にしがみついて根がかりの原因になります。

そんな時期が終わると本格的な黒鯛シーズン到来となる
わけですが、冬の間に波がかぶる部分についた岩のりが
なくなるのも同じ時期ですね。

そんな自分なりの目安を沢山持っていると釣果アップに
つながりますので確認してみてください。

さてさて、今日はam4:00から釣りを開始したのですが、
海の状態がいいとは言え、まだテトラに海藻がビッシリ
ついているので「もうちょっとかな」とは思いましたが、
干潮から潮が上げだしたとたんに食いだしました。

ただ、上層・中層ではまったく食わず、10匹全部底でしたし、
4匹は完全に居食い状態でしたので、「もうちょっと」というか
「そろそろいいかも」というか微妙なところです。

完全に岸に寄っているわけでもないような感じもしましたので、
20m程先(俗に言う超前)へも入れてみてところ、案の定釣れました。
この超前での1匹が、アタリからアワセまで今日の会心の一撃でした。

私の運営しているホームページの釣果報告用に、
釣れるたびに携帯電話で写真を撮っていたのですが、
6匹目を撮る際に携帯電話を海へ落としそうになり
冷や汗をかきました・・・

それ以降写真を撮るのをやめてしまいました。

今後は釣果報告の写真が減りそうです。


----------------------------------------------------------------------

さて、前回もお知らせいたしましたが、
このブログとメルマガがキッカケで、
黒鯛釣りのマニュアルを出すお話しをいただきました。

すでに発行してからかなりの日が経っているのですが、
機会がありましたら http://fresh4em.xsrv.jp/ をご覧いただけると幸いです。


今後も皆様の釣果アップに繋がるような情報を配信して行きますので
宜しくお願いいたします。

水位

釣果はいかがでしょうか?

皆さんの釣果アップのお役に立てる情報はないかといつも思っているのですが、
海の水位についてお伝えしていないかったような気がしますので一言。

日本海側でのことですが、夏と冬ではそもそもの水位が違います。

これは満潮や干潮のことではありません。

夏は水位が高く、冬は水位が低くなります。

もちろん、同じ時期の満潮でも(干潮でも)満ち引きに差がありますが、
たとえば冬には満潮時でも見えていたテトラが夏には干潮時でも水中にあります。

年間を通して同じ場所で釣りをしている人はよくご存知のことだとは思いますが、
日本海側は太平洋側のように潮の干満にあまり大きな差がありませんので、
海水浴をしているときなどは満潮も干潮も気が付きません。

私の場合、カニを捕まえる場所が数センチの干満の差でも気が付くような場所なので、
季節を感じることができます。

カニを捕まえるには水位の低い時期の干潮時がいいのですが、
釣りをするには黒鯛の行動範囲が狭くなるので、
なかなか活性が上がらないということです。

また、その水位によって「そろそろのっこみかな」とか
「夏の水位になったからあそこがいいかも」などと判断の材料にもなります。

いつも行く場所では、そんなことも十分釣果を上げる要素になりますので
確認してみてください。

先ほどカニを捕まえに行った際に、
無意識にそんなことを考えていたことに気が付きましたのでお知らせします。



さて、前回もお知らせいたしましたが、
このブログとメルマガがキッカケで、
黒鯛釣りのマニュアルを出すお話しをいただきました。

すでに発行してからかなりの日が経っているのですが、
機会がありましたら http://fresh4em.xsrv.jp/ をご覧いただけると幸いです。


今後も皆様の釣果アップに繋がるような情報を配信して行きますので
宜しくお願いいたします。

海の状況

なんだかんだと忙しく、なかなか釣りへ行けなかったんですが、ようやく行ってきました。

ちょっと間が空いたので、前日の夜もとてもウキウキ気分で、AM4:30には釣りが始められるように海へ向かう予定だったのですが、仕事が押して寝る時間がAM3:00頃になってしまい「1時間くらいしか寝れないなぁ」と思いつつ・・・

案の定、寝坊しました。

AM4:30スタートのつもりがAM6:30スタートに。

朝まずめのオイシイ時間はすっかり過ぎてしまい、おまけに海の状況が非常に悪い日でした。

海の状況が悪い日は、ほとんどの場合「朝まずめの一瞬」しか釣れません。

海を見た瞬間「しまったぁ」です。

海の状況が悪いと言うのは、ここのところ穏やかな天気が続いていたために、すっかり酸欠状態だったのです。

今回行った場所が湾の奥なので、一層酸欠がひどかったようです。

一度荒れて海をかき回してくれないと活性があがりません。

元気だったのは、ベイトの稚鮎が入って、それを追い掛け回していたスズキぐらい。

とにかく、今までの経験で「こんな日はココだろう」と思うテトラ帯を探っていったのですが、相当状況が悪いらしく、エサ撮りすら食ってきません。

エサはカニでしたが、フグにエサを取られることもないのです。

なかなかないほど「厳しい日」でした。

結局釣果は25cmほどのちっちゃいヤツが1匹のみ。

200805020703000.jpg

最初に「もぞもぞ」という黒鯛らしくないアタリがあり、刺激しないように一度上げてエサを確認してみると、明らかに黒鯛だったので、エサを小さいものに替えて入れなおし、咥えたところをアワセて釣りました。

これ以上ねばっても、大変そうな日なので終了しました。

まぁ、こんな日もありますよね。


そうそう、釣行したのは5月2日だったのですが、私の地域の「のっこみ」はちょうどゴールデンウィークあたりからなのですが、釣れた黒鯛を見ると「もうちょっとかな」といった感じでした。

それも釣果につながらなかった理由のひとつだったかもしれません。


みなさんの地域はもう「のっこみ」ましたか?



さて、前回もお知らせいたしましたが、
このブログとメルマガがキッカケで、
黒鯛釣りのマニュアルを出すお話しをいただきました。

すでに発行してからかなりの日が経っているのですが、
機会がありましたら http://fresh4em.xsrv.jp/ をご覧いただけると幸いです。


今後も皆様の釣果アップに繋がるような情報を配信して行きますので
宜しくお願いいたします。

春近し

3月に入り「春近し」といった雰囲気が
あちらこちらで見かけるようになってきましたね。

といっても、「北国の春はまだまだ・・・」ですが。


黒鯛(チヌ)釣りシーズンの春というと、
なんといっても「のっこみ」です。

この「のっこみ」は地域によってかなり時期が違います。

しかも、同じ地域でもほんの数キロ離れただけで
けっこう違っています。

毎年「そろそろかな」と思うと、大型の実績がある場所を
探りに行くのですが、「のっこみ」の期間も毎年違っています。

みなさんの「のっこみ」の始まりを宣告するタイミングはいつでしょうか?

私の仲間内では、誰かが居つきではない黒鯛(チヌ)を釣った日に
みんなに「入ったぞぉ」と連絡がまわり、「のっこみ」の始まりです。

沖から戻った黒鯛(チヌ)は明らかにカラダの色が違うので
すぐにわかります。

どこで釣れたかも重要で、
「○○のテトラに入ったと言うことは○○も釣れるな」とか
「○○はもう一週間後だな」といった予想がつくからです。

もうひとつ、私たちが「のっこみ」の目安にしていることが、
知り合いの漁師のおっちゃんが「入ったぞ」と教えてくれることです。

仲間内の誰かが居つきではない黒鯛(チヌ)を釣ったときの
「入ったぞ」は岸まで来たとうことですが、
漁師のおっちゃんの「入ったぞ」は沖の網で獲れたということなので、
あと数日で釣れるようになるということです。


「のっこみ」では数より大型狙いで、「のっこみ」の期間しか
行かないポイントもあります。

「のっこみ」でけっこうデカイのが着くポイントがあるのですが、
「のっこみ」の期間がすぎるとサッパリ釣れなくなるポイントです。

今年の「のっこみ」は大型に出会えるかなぁ・・・?

待ち遠しいですね。


と言っても、

私の地域の「のっこみ」はおおよそゴールデンウィークの頃なので、

もうしばらくは「居つき」との勝負です・・・



さて、前回もお知らせいたしましたが、
このブログとメルマガがキッカケで、
黒鯛釣りのマニュアルを出すお話しをいただきました。

すでに発行してからかなりの日が経っているのですが、
機会がありましたら http://fresh4em.xsrv.jp/ をご覧いただけると幸いです。


今後も皆様の釣果アップに繋がるような情報を配信して行きますので
宜しくお願いいたします。
タグ:釣り チヌ 黒鯛

まだまだ釣れます

釣果はいかがでしょうか?

今回は冬の期間についてです。


冬の期間はシーズンオフになる人もいらっしゃるようですが、
この冬の期間こそ、実は実力を上げる絶好の期間なんです。


<その理由は>

1、冬でも釣行する人は、もちろん厳しい状況で釣りをするわけですから
必然的に実力が上がります。

春には格段に実力が上がっています。

釣り仲間やライバルがビックリするほどに・・・

今まで冬はシーズンオフにしていたのであれば、是非トライしてみてください。


2、冬の期間はシーズンオフにするという人がまったく実力が上がらないというと、
シーズンオフに実力を上げる方法があります。

釣行へ行かないからこそ見えてくるものもありますので、
シーズンオフの期間も黒鯛釣りのことを考えている人は
必ず実力が上がります。

シーズン中に上手くいかなかったことや、ご自分に足りない事を確認して、
まずは知識として脳に記憶させ、その後イメージトレーニングをしてください。

このイメージトレーニングは効果がとても「大」です。

すべてのシーンのイメトレをするのですが、特に力を入れてやっていただきたい部分は、
「状況に対するシュミレーション」です。

海の色・波・風などを具体的にいつも行く場所に当てはめてイメトレすることによって、
実際に行った時に今までよりも状況判断のバリエーションが増えていることに気がつくと思います。

それによって随分黒鯛をゲットする確立があがります。


どちらを選択するにしても、
来春には実力アップ間違いなしです。


さて、このブログとメルマガがキッカケで、
黒鯛釣りのマニュアルを出すお話しをいただきました。

すでに発行してからかなりの日が経っているのですが、
このブログをご覧いただいている皆さんにお知らせしておりませんでした。

機会がありましたら

黒鯛年間600匹 『落とし込み&前打ち』 こうすれば釣れます!!

をご覧いただけると幸いです。


今後も皆様の釣果アップに繋がるような情報を配信して行きますので
宜しくお願いいたします。




動画

黒鯛を釣った時の動画をアップします。

この動画は、師匠が「自分で釣って自分で撮ったもの」です。

昨日の朝マズメに師匠と一緒に釣りへ行ったのですが、ナニをやってるのかと思えば、自分で釣って自分の携帯で撮ってました。

撮るまでの流れは、

1、いつものように釣りをしていて
2、アタリがあって「ガツン」とアワセると同時に
3、黒鯛の突っ込みに耐えながらズボンのポケットから携帯電話を出し
4、黒鯛とやり取りをしながらムービーモードにセットして
5、右手に竿、左手に携帯で撮影開始です。
6、黒鯛が浮いて、取り込む時に携帯をたたんでズボンのポケットへ

こんな感じです。

まったく師匠はナニをしだすかわかりません・・・

これを二度やってました。

画像が小さくてよくわからないかもしれませんが、とりあえず見てみてください。



一回目

釣れたのはこの黒鯛です。(28cmと小ぶりのチヌ)
200711080628.jpg






二回目

釣れたのはこの黒鯛です。(32cmとまたまた小ぶりのチヌ)
200711080639.jpg



「40cmを超えるとたぶん撮ってられないな」と言ってました・・・


昨日は06:30頃から08:00までの1時間半ほどでしたので、師匠の釣果は6匹で最小24cm、最大32cmと小さい黒鯛ばっかりでした。
全部抜き上げてましたので、タモは一度も使ってません。

そんな「タモいらず」の日でしたが、めずらしく師匠が3匹もバラしてました。

私の釣果は5匹で、全部30cm弱です。
なんとバラしも5匹・・・カッコわるぅ

食いの浅い日だったのかなぁ・・・



黒鯛年間600匹 『落とし込み&前打ち』 こうすれば釣れます!!

波対策

釣果はいかがでしょうか?


昨日、釣り仲間とちょっとした遠征へ行ってきました。

秋晴れの気持ちのよい天気だったので、海が澄んでて苦戦しそうだなぁなどと考えながら向かったのですが、海が見えたとたん

「うわッ、今日はけっこう波があるなぁ・・・」

遠征先は地続きの防波堤。

外海側には先端までテトラが入っていて、狙いはそのテトラです。

車を停めて防波堤を歩き出し、外海側を見ると

「こりゃヤバイ」

という状態。

テトラに波がかぶって、どう見ても釣りをしていると危険。

普段行っている近場の場所ならば、絶対に釣りをしないほどの波でした。


しかし、せっかく時間をかけて来たのですからなんとか釣りができないかと・・・


この防波堤の先端には防波堤と直角に離岸提があり、波を見ると防波堤の先端方向から根元に向かってテトラに当たっていたので、「先端へ行けばなんとかなるかも」と思い、とりあえず先端まで行ってみる事にしました。

先端に着くと、案の定離岸提で波が止められてテトラに乗れるほどの波でした。


といっても、釣りをしていて何度も波をかぶりましたが・・・


テトラは外海側から先端を囲んで内海側10m付近まであり、外海側20m〜30m・先端・内海側10mの範囲でなんとか釣りが出来ます。

朝マズメのオイシイ時間帯でしたので、なにはともあれ釣りを開始しました。


エサはカニ、カニ用の5号ハリにガン玉はBです。

波の大きさにたいしてガン玉が小さいかぁと思いつつ、しばらくそのまま釣りをしていると、先端内海側の角付近でヒット!

タイミングばっちりのアワセで

「よっしゃあ〜!」


今は黒鯛がもっとも元気のいい時期ですので、一気に突っ込み開始です。

「何度味わってもこの引きはいいなぁ」

などと思っていたのですが、そんな余裕も一瞬で消えるほど強烈な引きで突込みを止められません。

これ以上突っ込まれるとテトラに当たって切れると思い、左手で持っていた竿に右手もそえ、なんとか止めました。

最初の突っ込みを止めれば、あとは浮かせるだけですので

「ふぅ〜、よーし獲れたぞ」

と思ったとたんに

「切られました・・・」

まぁ、よくある話なのですが・・・


それで少々やる気消失したものの、その後外海側で30p1匹と手のひらサイズ1匹を釣りました。


波もおさまる気配がなく、風も強くなり危険なので今回の遠征は午前9時で終了です。


黒鯛が警戒心を緩める程度の

「ちょうどいい波」

ならばイイのですが、テトラに立っていられないほど波がある場合、波がないときに黒鯛がいる足元のポイントは、波が引いたときにはテトラがまるまる見えるほどになりますので黒鯛はいません。

ほとんどのテトラ帯では5mから10m先まで水中にテトラがあり、波が大きい時にはその付近にいます。

打ち寄せる波がテトラに当たって払い出す流れに乗せるようにエサを流してやると食ってきます。

注意点としては、払い出す流れは、水の流れがゴチャゴチャで、エサが沈んでいない場合がよくありますので、流れを読むことが必要です。

ガン玉を大きくしてもその流れには通用しませんので、

「潮目」

のようになってるところを狙ってエサを黒鯛のいるところまで運びます。

黒鯛は岸から沖へ向かって流れてくる場所を知っていて、その流れの付近でエサが流れてくるのを待っています。

待っている黒鯛の目の前にエサを運べば・・・

釣れますよね。




今回も釣果アップの参考になれば幸いです。


波がある場合は、十分に注意をして釣りをしてくださいね。


黒鯛年間600匹 『落とし込み&前打ち』 こうすれば釣れます!!

師匠

今朝も行ってきました。

釣果は10匹。
最大でも40cm弱、ほとんど手のひらサイズ・・・

この10匹の法則は私の師匠である兄から受け継いだ法則です。

というか、黒鯛釣りの全部を師匠からコピーしてますので、部分的なテクニックを除くとまったく同じです。

身近にすごい師匠がいることにもっと早く気がついていれば・・・

今でこそ黒鯛ならいくらでも釣れるようになりましたが、
もちろん最初はまったく釣れませんでした。

なにしろ、正直に言うと、黒鯛を狙いだして3年間0匹でしたから。

そんな私でも師匠をコピーしたらいとも簡単に釣れるようになってしまいました。


師匠の釣りは見ていてワクワクします。

釣る数がスゴイですし、本人は「黒鯛一筋」と言ってますが、誘われるとブラックバスやスズキなどのルアーもやります。

しかも、それぞれのプロが一緒に釣りをするのを嫌がるほどの釣りをします。

以前、師匠の古くからの友人で長野県の野尻湖畔に住んでいるバスプロと一緒に野尻湖で釣りをしたことがあります。

その際に、バスプロが所有しているバスボートで釣りをしましたが、バスプロは備え付けの魚群探知機を見ながら釣りをしていたのですが、師匠はそれをまったく無視し、「もうちょっとあっち行ってよ」といい、自分が狙った場所へボートを移動してもらって、いきなり1匹。

その後もそんな調子でバスプロよりも数もサイズも上回り、「俺も面目丸づぶれだ」とバスプロに言わせてしましました。

その日に使っていたタックルは、前日に釣具店で買った¥1980の初心者セットでした。

ルアーは1個¥190のものです。

また、スズキ釣り軍団に誘われた時も、なんと野尻湖で使った¥1980のバス釣り初心者セットと¥190のルアーをそのまま持っていき、あっという間に3匹釣りました。

一番大きかったスズキが87cmあり、さすがにそのスズキを釣った時には竿の根元が「ピキッ」と音がしたそうです。

それであわてて竿のリールより上の部分を持ったんだそうですが、そういう問題じゃないような気がするんですが・・・

「プロの面目丸つぶれだ」とか言いつつも、彼らは師匠と釣りをしてると実に楽しそうです。

私と同様にワクワクすてるんでしょうね。

今は市販されている雑誌やビデオを見ることがなくなりました。

ビデオよりおもしろい釣りが目の前で見れるんですから。

師匠はパソコン関係の仕事とマーケティングの仕事をしているため、大変な理論家です。

しかし、釣りとなるとまるっきり「感性」でやってるように見えます。

たぶん、師匠の中の凄まじい量のデータと類いまれな感性が融合して、
「師匠の釣り」になってるんでしょうね。


そんな「すばらしい教材」がありますので、今後師匠の話もご紹介していきます。

私自身長年釣りをやっていて数はけっこう釣りましたので、皆さんの釣果アップにお役に立てるようなブログにしていきたいと思っております。

仕掛けや釣り方で、なかなかメディアで紹介される事の無い裏ワザ的な事を中心にご紹介して行こうと思ってますので、落とし込み&前打ちでわからないことを質問してもらえれば、お役に立つことをお伝えできるかもしれません。




黒鯛年間600匹 『落とし込み&前打ち』 こうすれば釣れます!!

釣果10匹

今朝も行ってきました。

釣果は10匹。ほとんど手のひらサイズ・・・

場所は私達の間で「釣堀」と言われている、やたらと釣れるところ。

いくらでも釣れるので、10匹釣ったら帰るという自分の決まりがあります・・・


長年やってて数はけっこう釣りましたので、今後はちょっと変わった釣り方をやってみたいと思ってます。

落とし込み前打ちでわからないことを質問してもらえれば、役に立つことをお伝えできるかもしれません。

釣り方あれこれ

黒鯛工房など専用の釣具黒鯛銀座など専門サイトがある黒鯛(チヌ)はの対象魚として大変人気があります。
最近では黒鯛をルアーで釣る人もいて、堤防での釣では本命の魚と位置づけている人もおおいでしょうね。
また、黒鯛倶楽部釣具店もあり、黒鯛を釣る仕掛釣方などの情報交換の場として大変有効です。
中には黒鯛料理レシピの情報交換の場所にしてる人もいるようですが・・・

釣方としてはかなりイロイロなものがありますが、私の釣法は落とし込みです。
ルアーで黒鯛を釣るのは、どうも感覚的に理解できないところはありますが、理解できないことは一度やってみるべきですね。

釣り場としては能登、青森、東京湾、遠州灘、庄内、神奈川の横浜・江ノ島、新潟、清水港、浜名湖、神戸、金谷、名古屋、富山、三浦、沼津、小名浜、房総、福島県・・・ようするにどこでも釣れるってことですよね。

詳しくはわかりませんが、黒鯛(チヌ)といっても数種類あるようで、各地域によって種類の違いをイラストにしたものを見たことがありますが、こんなに違うんだを思うほど差があります。種類による習性生態の違いもあるんでしょうね。

さて、私は落とし込みなのでヘチ竿とやらに触った事がなく、ダンゴ釣の経験やボードでの釣の経験はありません。
釣場は堤防やテトラなので、タナもわりと浅く、それでも年無しは釣れます。
さすがに日本記録ほどの様サイズはお目にかかれませんが・・・
黒鯛のでもあれば簡単なんですが。

黒鯛専科情報などをイロイロなクラブが画像や動画付きで発信してますが、それぞれ物語があってオモシロイですね。
釣果だけでなく、釣えさや落とし込み、前打ちブッコミ釣筏釣へチ釣など釣り方の解説、ふかせ仕掛などの解説もよくみかけます。

については私はほとんどがカニエサなので、他の餌の使い方は大変興味深くみています。

それから、地域が違うとノッコミの時期も違いますし、のっこみの攻め方も違っているので参考になりますね。

なんだか一般的なことばかりになってしまったので、今後はけっこうマニアックな内容で更新していきたいと思ってます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。