黒鯛(チヌ) バラシについて

こんにちは。

シーズン真っ只中、皆さん釣果はいかがでしょうか?


さて、今回はバラシについてのお話をしたいと思います。

今期は59cmを筆頭に50cmアップがすでに数匹釣れているのですが、
釣れた数と同じくらいの数をバラしています…

今期はタモ入れ直前のバラシが多いので、
魚を浮かせて姿もしっかり見た後のバラシです。

昨日も40cmほどが1匹と明らかに50cmオーバーが1匹をばらしました。
ちょっとバラシが多いので、原因を今回のバラシで考えてみたのですが、
どうやら、竿を持つ手とリールを巻く手、そしてタモを持つ手の関係だと思われます。

私は左右どちらの手でも竿を持ちます。
防波堤で海に向かって右へ行く時は左手で竿を持ち、左へ行く時は右手で竿を持ちます。

そしてリールは右手で巻きます。

タモは左手で持って魚を取り込みます。

ということは、右手で竿を持っている時に釣れた場合、
アワセてから最初のやり取りを右手で行い、
糸を巻く時になると左手に持ち替えて巻き、
いよいよタモ入れになるとまた右手に持ち替えて左手でタモを持ちます。

この間で、魚を浮かせてタモに入れる際のバラシが多いので、
テンションを緩ませてしまうのだろうと思われます…

考えてみると、50cmアップの良型を獲ったのは、
右手で持っている時よりも取り込みまでに1工程少ない左手で竿を持っている側ですので、
今後はそういった事も意識してみようと思います。

皆さんは「竿」「リール」「タモ」どちらの手ですか?


=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**=*=*=*=*=*=*=*=
黒鯛(チヌ)釣り年間600匹 『落とし込み&前打ち』 こうすれば釣れます!!
http://kurodai600.4emms.jp/
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**=*=*=*=*=*=*=*=

エサについて

こんにちは。

釣果はいかがでしょうか?

のっこみが終わった地域、
のっこみ真っ最中の地域、
これからのっこみの地域とあるようですが、
私の地域はまだ始まっていません。

外海は毎年ゴールデンウィークが終わると
「そろそろかな・・・」といった感じですので、
もうしばらくは湾内のテトラの居着き狙いです。


さて、本日はエサについてです。

私は通年カニをメインに使っています。
他には定番の貝を使い、まれにムシ系とエビを使ったりします。

ということで、エサについて特に変わった事はしないのですが、
今年は疑似餌も使ってみようと思っています。

ルアー釣りをするのではなく、落とし込みのエサを疑似餌にするということです。

いくつか市販されていますので、試してみたいと思っています。

さすがに、のっこみが始まったのかどうかもわからない時期に使うのは
状況を掴めないので、明らかに黒鯛がいるとわかっている活性の高い夏場になったら
使ってみようと思っています。

釣れるのか釣れないのか、
釣れるならどうすると釣れるのか
などを検証してみます。

結果をお知らせしますね。



黒鯛(チヌ)釣り年間600匹 『落とし込み&前打ち』 こうすれば釣れます!!
http://kurodai600.4emms.jp/

最近の気候

こんにちは。
黒鯛600 広岡(兄)です。

もう夏も終わりという雰囲気になってきましたが、
皆さんの地域はいかがでしょうか?

私の地域では梅雨明けが8月にずれ込み、
それまでは気温も上がらす雨の多い日が続いていました。

8月2日に釣行した際に、近くの海水浴場をのぞいてみたのですが、
夏休みだと言うのに誰もいませんでした。

波打ち際で海水を触ってみて納得。
冷たくてとても泳げる水温ではなかったです・・・

ゲリラ豪雨と言えるような雨が度々降って、
海水の温度を下げていただけではなく、
その豪雨によって近隣の河川から大量の雨水が流れ込み
沿岸部は広域にわたって川の濁りと共に水温が下がっていました。

明らかに例年の夏とは気温も水温も違っていますので、
黒鯛の活性にも影響がありますよね。

私はよく河口で釣りをするのですが、毎年もっとも釣行回数の多い
河口へは今年一度も行っていません・・・

また、雨の降り方が異常のため、釣行回数も減っています。

日本じゃないみたい。

今年の夏は平均気温がタイやマレーシアよりも日本の方が高いそうです。

当然、黒鯛の様子もおかしいですよね・・・

「こんな年もある」という捉え方をして、
様子を見てみようと思います。

変化や傾向に気付きがあれば報告します。


=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**=*=*=*=*=*=*=*=

自分がやっている釣り方とは違う釣り方を学んでみると、
自分の釣り方に応用できることも沢山あり、参考になる発見をすることが多いです。

また、違う魚の釣りからも参考になる「気づき」を得ることが多々あります。

そこで、私なりにいろいろと調べてみましたので、興味のあるものあれば見てみてください。


まずは「黒鯛釣り」
このメルマガのテーマである「落とし込み」「前打ち」については、
体系的にまとめて解説されたものがほとんど見当たらず、
手前味噌で申し訳ありませんがご紹介します。

黒鯛(チヌ)釣り年間600匹 『落とし込み&前打ち』 こうすれば釣れます!!
http://kurodai600.4emms.jp/


次に質問が大変多い「フカセ」について、
私は「落とし込み・前打ち」が専門なので、
フカセについては私よりもさらに詳しい解説をしているものをご紹介します。

チヌ釣り 山元八郎 チヌ爆釣バイブル
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=42514

チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43617


「フカセ」については、グレのフカセも参考になりますのでご紹介します。

グレ釣り 山元八郎 驚異のグレ爆釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=32210

グレ釣り名人、藤原義雄のグレ(メジナ)釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43623


まったく関係がないと思われるかもしれませんが、
私が「落とし込み・前打ち」の「アワセ」で参考にしたのが、
魚の動きを読み取るヘラブナのウキの動きです。
また、渓流釣りの「テンカラ」という釣り方も参考にしていますので、
関連のものをご紹介します。

ヘラブナ釣り名人、田中武のへら鮒必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43614

アユ釣り名人、辻行雄の鮎釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43609


その他に、過去に質問があってオススメのものをご紹介します。

ルアー釣り名手、山本典史のシーバス必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43616

スズキ・ハネ(フッコ)・セイゴ釣りアングラー養成講座
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43610

ハネ釣り名人、今中毅のハネ釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43611

太刀魚釣り名人、山口正信のタチウオ必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43613

エギング名人、大森崇弘のアオリイカ釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43615

釣り堀名人、坂口昇の海上釣堀必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43612


今後も皆様の釣果アップに繋がるような情報を配信して行きますので
宜しくお願いいたします。


今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

海水の温度も不安定

*:-,,☆★*:-,,☆★*:-,,☆★*:-,,☆★*:-,,☆★*:-,,☆★*:-,,☆★*:-,,☆     黒鯛(チヌ)釣り 落としこみ&前打ちで年間600匹
☆.。○。.:*・ *:-,,☆★*:-,,☆★*:-,,☆★*:-,,☆★*:-,,☆★*:-,,☆★

こんにちは。
黒鯛600 広岡(兄)です。

なかなか気温が上がらず、寒い日が続いていますね。
そして、例年より寒暖の差が激しいように思います。

そんな年は海水の温度も不安定で、のっこみにも影響しそうです。
皆さんの地域ではいかがでしょうか?

前回のメルマガでも書来ましたが、私の地域は6月に入るとようやく
「のっこみ」が始まるので、まだまだ今年の海がどうなるかわかりませんが、
魚の活性が悪くならないことを祈っています。

天気が不安定だとはいえ、桜も散ったことですし、
そろそろ様子うかがいの釣行をしようと思っています。

私の地域でこの時期に釣れる黒鯛は居着きですので、
釣れる場所がある程度決まっています。

あえて居着きのいる場所へは行かず、のっこみの後にしか
釣れない場所でやってみようと思います。

もしかすると気の早い黒鯛がいるかもしれませんので…

釣果があった際にはまたご報告します。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**=*=*=*=*=*=*=*=

自分がやっている釣り方とは違う釣り方を学んでみると、
自分の釣り方に応用できることも沢山あり、参考になる発見をすることが多いです。

また、違う魚の釣りからも参考になる「気づき」を得ることが多々あります。

そこで、私なりにいろいろと調べてみましたので、興味のあるものあれば見てみてください。


まずは「黒鯛釣り」
このメルマガのテーマである「落とし込み」「前打ち」については、
体系的にまとめて解説されたものがほとんど見当たらず、
手前味噌で申し訳ありませんがご紹介します。

黒鯛(チヌ)釣り年間600匹 『落とし込み&前打ち』 こうすれば釣れます!!
http://kurodai600.4emms.jp/


次に質問が大変多い「フカセ」について、
私は「落とし込み・前打ち」が専門なので、
フカセについては私よりもさらに詳しい解説をしているものをご紹介します。

チヌ釣り 山元八郎 チヌ爆釣バイブル
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=42514

チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43617


「フカセ」については、グレのフカセも参考になりますのでご紹介します。

グレ釣り 山元八郎 驚異のグレ爆釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=32210

グレ釣り名人、藤原義雄のグレ(メジナ)釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43623


まったく関係がないと思われるかもしれませんが、
私が「落とし込み・前打ち」の「アワセ」で参考にしたのが、
魚の動きを読み取るヘラブナのウキの動きです。
また、渓流釣りの「テンカラ」という釣り方も参考にしていますので、
関連のものをご紹介します。

ヘラブナ釣り名人、田中武のへら鮒必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43614

アユ釣り名人、辻行雄の鮎釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43609


その他に、過去に質問があってオススメのものをご紹介します。

ルアー釣り名手、山本典史のシーバス必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43616

スズキ・ハネ(フッコ)・セイゴ釣りアングラー養成講座
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43610

ハネ釣り名人、今中毅のハネ釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43611

太刀魚釣り名人、山口正信のタチウオ必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43613

エギング名人、大森崇弘のアオリイカ釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43615

釣り堀名人、坂口昇の海上釣堀必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43612


今後も皆様の釣果アップに繋がるような情報を配信して行きますので
宜しくお願いいたします。


今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

そろそろ「のっこみ」

こんにちは。
黒鯛600 広岡(兄)です。

早い地域ではそろそろのっこみが始まる時期になりましたが、
皆さんの地域ではいかがでしょうか?

私の地域は6月に入るとようやく「のっこみ」が始まるので、
まだまだ居着きとの勝負になります。

ただ、今年は大型を狙って「のっこみ」の初期も
積極的に釣行しようと思っていますので、
今から場所の偵察をしておこうと思っています。

ちょうど来週末に東北(山形県)に出張があるので、
冬の日本海を眺めてみようと思っています。

最近は日が長くなってきて、
なんとなく春の兆しを感じるようになりましたので、
本格的な春が待ち遠しいです。


「冬の居着きの釣果」があった際にはまたご報告します。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**=*=*=*=*=*=*=*=

自分がやっている釣り方とは違う釣り方を学んでみると、
自分の釣り方に応用できることも沢山あり、参考になる発見をすることが多いです。

また、違う魚の釣りからも参考になる「気づき」を得ることが多々あります。

そこで、私なりにいろいろと調べてみましたので、興味のあるものあれば見てみてください。


まずは「黒鯛釣り」
このメルマガのテーマである「落とし込み」「前打ち」については、
体系的にまとめて解説されたものがほとんど見当たらず、
手前味噌で申し訳ありませんがご紹介します。

黒鯛(チヌ)釣り年間600匹 『落とし込み&前打ち』 こうすれば釣れます!!
http://kurodai600.4emms.jp/


次に質問が大変多い「フカセ」について、
私は「落とし込み・前打ち」が専門なので、
フカセについては私よりもさらに詳しい解説をしているものをご紹介します。

チヌ釣り 山元八郎 チヌ爆釣バイブル
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=42514

チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43617


「フカセ」については、グレのフカセも参考になりますのでご紹介します。

グレ釣り 山元八郎 驚異のグレ爆釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=32210

グレ釣り名人、藤原義雄のグレ(メジナ)釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43623


まったく関係がないと思われるかもしれませんが、
私が「落とし込み・前打ち」の「アワセ」で参考にしたのが、
魚の動きを読み取るヘラブナのウキの動きです。
また、渓流釣りの「テンカラ」という釣り方も参考にしていますので、
関連のものをご紹介します。

ヘラブナ釣り名人、田中武のへら鮒必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43614

アユ釣り名人、辻行雄の鮎釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43609


その他に、過去に質問があってオススメのものをご紹介します。

ルアー釣り名手、山本典史のシーバス必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43616

スズキ・ハネ(フッコ)・セイゴ釣りアングラー養成講座
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43610

ハネ釣り名人、今中毅のハネ釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43611

太刀魚釣り名人、山口正信のタチウオ必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43613

エギング名人、大森崇弘のアオリイカ釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43615

釣り堀名人、坂口昇の海上釣堀必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43612


今後も皆様の釣果アップに繋がるような情報を配信して行きますので
宜しくお願いいたします。


今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

シーズン終盤

☆★*:-,,☆★*:-,,☆★*:-,,★☆★,,-:*☆★,,-:*☆★,,-:*☆★
  黒鯛(チヌ)釣り 落としこみ&前打ちで年間600匹
☆★*:-,,☆★*:-,,☆★*:-,,★☆★,,-:*☆★,,-:*☆★,,-:*☆★

皆さん、こんにちは。
黒鯛600 広岡(兄)です。

シーズンもいよいよ終盤を迎えましたが、今期の釣果はいかがでしたでしょうか?

私の地域では長い残暑が終わったと思ったら、一気に気温が下がり秋がないまま冬になったという感じです。

ただ、水温はまだ下がっていないようなので、まだ「落ち」てはいないようです。

と言っても、「落ち」まではせいぜい2週間ほどだと思いますので、シーズン終盤の釣りを楽しもうと思っています。

「落ち」の後は「居着き」との勝負ですので、寒いですがじっくりとやろうと思っています。


この時期は大型も出ますので、ハリスもフロロカーボンの2.5号あたりに5号ハリを付けて、
エサはカニやもっと柔らかいボケ、ムシ類などが有効のようです。

釣れた時の引きももっとも強い時期ですので、シーズンの締めくくりをおおいにお楽しみください。

私は冬の期間も釣りをしますので、また「冬の居着きの釣果」をご報告します。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**=*=*=*=*=*=*=*=

自分がやっている釣り方とは違う釣り方を学んでみると、
自分の釣り方に応用できることも沢山あり、参考になる発見をすることが多いです。

また、違う魚の釣りからも参考になる「気づき」を得ることが多々あります。

そこで、私なりにいろいろと調べてみましたので、興味のあるものあれば見てみてください。


まずは「黒鯛釣り」
このメルマガのテーマである「落とし込み」「前打ち」については、
体系的にまとめて解説されたものがほとんど見当たらず、
手前味噌で申し訳ありませんがご紹介します。

黒鯛(チヌ)釣り年間600匹 『落とし込み&前打ち』 こうすれば釣れます!!
http://kurodai600.4emms.jp/


次に質問が大変多い「フカセ」について、
私は「落とし込み・前打ち」が専門なので、
フカセについては私よりもさらに詳しい解説をしているものをご紹介します。

チヌ釣り 山元八郎 チヌ爆釣バイブル
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=42514

チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43617


「フカセ」については、グレのフカセも参考になりますのでご紹介します。

グレ釣り 山元八郎 驚異のグレ爆釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=32210

グレ釣り名人、藤原義雄のグレ(メジナ)釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43623


まったく関係がないと思われるかもしれませんが、
私が「落とし込み・前打ち」の「アワセ」で参考にしたのが、
魚の動きを読み取るヘラブナのウキの動きです。
また、渓流釣りの「テンカラ」という釣り方も参考にしていますので、
関連のものをご紹介します。

ヘラブナ釣り名人、田中武のへら鮒必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43614

アユ釣り名人、辻行雄の鮎釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43609


その他に、過去に質問があってオススメのものをご紹介します。

ルアー釣り名手、山本典史のシーバス必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43616

スズキ・ハネ(フッコ)・セイゴ釣りアングラー養成講座
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43610

ハネ釣り名人、今中毅のハネ釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43611

太刀魚釣り名人、山口正信のタチウオ必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43613

エギング名人、大森崇弘のアオリイカ釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43615

釣り堀名人、坂口昇の海上釣堀必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43612


今後も皆様の釣果アップに繋がるような情報を配信して行きますので
宜しくお願いいたします。


今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

釣果報告

皆さん、こんにちは。
黒鯛600 広岡(兄)です。

釣果報告です。
参考になることがあれば幸いです。

場所は湾の最深部で、
水害対策・農業用水対策のための人口の河川の放水路です。
汽水域ですが、ほとんど塩分のない真水だと思われます。

護岸された川辺を落とし込みをしながら移動していく雰囲気です。

前日の夜にエサのカニを捕まえに行き、
そのカニを持って夕マズメの6時〜7時の1時間釣りをしました。

しばらくはフグとガシラのアタリばかりで、
「またフグか…」と油断していた時に、40cmの黒鯛が喰ってきました。

この日はこれで日没による終了。


そしてその2日後、
場所は同じなのですが、潮の流れを見ると対岸が良さそうだったので、そちらへ。
時間は同じく夕マズメの6時〜7時の1時間です。

潮の流れからすると「ここが良さそう」と思った場所へ第一投を入れると、
エサを取られました。
すぐに第二投を入れたところ、42cmが喰ってきました。

その後、落とし込みをしながら移動し、ある程度まで移動して、
また戻りながら落とし込みをしましたが、たまにフグがかじる程度。

スタートした場所まで戻ったところで51cmが喰ってきました。

この日はスタートした場所にしかいなかったようです。


【今回のタックル】
竿:2.4mのヘチ竿
道糸:ナイロン3号
ハリス:フロロカーボン2.5号
ハリ:カニ専用5号
ガン玉:2B
エサ:カニ

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**=*=*=*=*=*=*=*=

自分がやっている釣り方とは違う釣り方を学んでみると、
自分の釣り方に応用できることも沢山あり、参考になる発見をすることが多いです。

また、違う魚の釣りからも参考になる「気づき」を得ることが多々あります。

そこで、私なりにいろいろと調べてみましたので、興味のあるものあれば見てみてください。


まずは「黒鯛釣り」
このメルマガのテーマである「落とし込み」「前打ち」については、
体系的にまとめて解説されたものがほとんど見当たらず、
手前味噌で申し訳ありませんがご紹介します。

黒鯛(チヌ)釣り年間600匹 『落とし込み&前打ち』 こうすれば釣れます!!
http://kurodai600.4emms.jp/


次に質問が大変多い「フカセ」について、
私は「落とし込み・前打ち」が専門なので、
フカセについては私よりもさらに詳しい解説をしているものをご紹介します。

チヌ釣り 山元八郎 チヌ爆釣バイブル
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=42514

チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43617


「フカセ」については、グレのフカセも参考になりますのでご紹介します。

グレ釣り 山元八郎 驚異のグレ爆釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=32210

グレ釣り名人、藤原義雄のグレ(メジナ)釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43623


まったく関係がないと思われるかもしれませんが、
私が「落とし込み・前打ち」の「アワセ」で参考にしたのが、
魚の動きを読み取るヘラブナのウキの動きです。
また、渓流釣りの「テンカラ」という釣り方も参考にしていますので、
関連のものをご紹介します。

ヘラブナ釣り名人、田中武のへら鮒必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43614

アユ釣り名人、辻行雄の鮎釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43609


その他に、過去に質問があってオススメのものをご紹介します。

ルアー釣り名手、山本典史のシーバス必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43616

スズキ・ハネ(フッコ)・セイゴ釣りアングラー養成講座
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43610

ハネ釣り名人、今中毅のハネ釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43611

太刀魚釣り名人、山口正信のタチウオ必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43613

エギング名人、大森崇弘のアオリイカ釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43615

釣り堀名人、坂口昇の海上釣堀必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43612


今後も皆様の釣果アップに繋がるような情報を配信して行きますので
宜しくお願いいたします。


今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

釣れる日、釣れない日

皆さん、こんにちは。
黒鯛600 広岡(兄)です。

テレビでは、金環日食が終わったら、
東京スカイツリーの話題でにぎわっていますね。


さて、釣りは釣れる日と釣れない日がありますが、
皆さんは「満月の日は釣れない」という言い伝えを聞いたことはありませんか?

そして、それを検証したことはありませんか?

私は意識していた頃があったのですが、
「満月だからといってまったく釣れないということはない」というのが自分なりの結論で、
「確かに満月の日は釣れない」という印象です。


そして、ここ数日話題になった金環日食と東京スカイツリ―、
もちろん東京スカイツリ―のオープンが釣果に関係するわけはありませんが、
「月が影響するならば、金環日食の日はどうなんだろう?」と思い、釣りをしてみました。

金環日食の真っ只中の時間ではなく、17時から1時間ほどでしたが、釣果はゼロ。

ただ、金環日食だったからというよりも、
そもそも私の地域ではまだ「のっこみ」が始まっていませんし、
それなのに防波堤で落とし込みをしたので釣れなかったのだと思いますが・・・


めったにない金環日食の日に釣りをしてみるという目的だったのですが、
もちろん海の様子を確認するのも目的のひとつでしたので、
その点は「もうそろそろだな」という印象でした。

湾の最深部にある地続きの防波堤でしたが、もうすぐのっこみが始まりそうな雰囲気でした。

使ったエサがカニだったので、イソメなどのムシ類を使えば「食って来たかもなぁ」という感じです。

次回は朝マズメを狙ってみようと思っています。


【今回のタックル】
竿:へち竿 2.4m
道糸:ナイロン3号
ハリス:フロロカーボン1.7号
ハリ:カニ専用 5号
ガン玉:2B
エサ:カニ

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**=*=*=*=*=*=*=*=

自分がやっている釣り方とは違う釣り方を学んでみると、
自分の釣り方に応用できることも沢山あり、参考になる発見をすることが多いです。

また、違う魚の釣りからも参考になる「気づき」を得ることが多々あります。

そこで、私なりにいろいろと調べてみましたので、興味のあるものあれば見てみてください。


まずは「黒鯛釣り」
このメルマガのテーマである「落とし込み」「前打ち」については、
体系的にまとめて解説されたものがほとんど見当たらず、
手前味噌で申し訳ありませんがご紹介します。

黒鯛(チヌ)釣り年間600匹 『落とし込み&前打ち』 こうすれば釣れます!!
http://kurodai600.4emms.jp/


次に質問が大変多い「フカセ」について、
私は「落とし込み・前打ち」が専門なので、
フカセについては私よりもさらに詳しい解説をしているものをご紹介します。

チヌ釣り 山元八郎 チヌ爆釣バイブル
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=42514

チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43617


「フカセ」については、グレのフカセも参考になりますのでご紹介します。

グレ釣り 山元八郎 驚異のグレ爆釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=32210

グレ釣り名人、藤原義雄のグレ(メジナ)釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43623


まったく関係がないと思われるかもしれませんが、
私が「落とし込み・前打ち」の「アワセ」で参考にしたのが、
魚の動きを読み取るヘラブナのウキの動きです。
また、渓流釣りの「テンカラ」という釣り方も参考にしていますので、
関連のものをご紹介します。

ヘラブナ釣り名人、田中武のへら鮒必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43614

アユ釣り名人、辻行雄の鮎釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43609


その他に、過去に質問があってオススメのものをご紹介します。

ルアー釣り名手、山本典史のシーバス必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43616

スズキ・ハネ(フッコ)・セイゴ釣りアングラー養成講座
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43610

ハネ釣り名人、今中毅のハネ釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43611

太刀魚釣り名人、山口正信のタチウオ必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43613

エギング名人、大森崇弘のアオリイカ釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43615

釣り堀名人、坂口昇の海上釣堀必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43612


今後も皆様の釣果アップに繋がるような情報を配信して行きますので
宜しくお願いいたします。


今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

のっこみですね。

皆さん、こんにちは。
黒鯛600 広岡(兄)です。

今年は春の訪れが遅いように感じますが、
皆さんの地域はいかがでしょうか?

今や「のっこみ」真っただ中の地域もあると思いますし、
今年は雪が降る地域では、雪が沢山降ったようですので、
「のっこみ」時期が遅れそうですね。

東京湾では、
2月に入るとそろそろ「のっこみ」が始まるという雰囲気になりますし、
東北地方の外海の「のっこみ」はゴールデンウィーク開けですね。

雪が多かった年は「雪しろ」という雪解け水が、
海に流れ込む期間が長くなるので、
河口付近は釣れだす時期が遅くなります。

今年は例年よりも遅れそうです…


さて、昨年は
「この釣りを多くの人に楽しんでもらうために、より簡単にする」を
目標に釣りをしたのですが、今年も引き続き同じ目標で釣りをしていこうと思っています。

釣りをする場所も「簡単に行けて安全な場所」を選んで行く予定です。

「簡単に行けて安全な場所」となると防波堤が多くなるのですが、
昨年は、落とし込み用の竿を場所に合わせて「お手製マルチレングス」で
長さを調整して使っていましたが、今年は防波堤では「ヘチ竿」も使おうと思っています。

基本的に面倒くさいことが苦手な私は、
場所や状況に合わせて竿やリールを変えることはせずに、
「お手製マルチレングス」のようにひとつの道具をあらゆる状況で使っています。

ただ、この釣りを簡単にするために、
道具を変えることで実現できるのならばそれも必要だなと思ったので、
防波堤に行くと使っている人がいる「ヘチ竿」も使おうかと思った次第です。

私の「ヘチ竿」は240cmで、メーカー名もわからないような安価なものですし、
「ヘチ竿」を使うこと自体が10年数年ぶりなので、
今のところどのような結果になるのかの予想がつきません。

おもしろい結果が出たらお知らせしますね。

また、今シーズンは、
以前からご要望が多かった「釣れた時の状況」を都度お知らせしていこうと思っています。

皆さんの釣果アップの参考になるように、
場所、ハリやガン玉の大きさ、使ったエサ、等々をお知らせします。


それでは今シーズンも宜しくお願い致します。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**=*=*=*=*=*=*=*=

前回お知らせしましたところ、さらに質問が多くなったのでもう一度お知らせします。

自分がやっている釣り方とは違う釣り方を学んでみると、
自分の釣り方に応用できることも沢山あり、参考になる発見をすることが多いです。

また、違う魚の釣りからも参考になる「気づき」を得ることが多々あります。

そこで、私なりにいろいろと調べてみましたので、興味のあるものあれば見てみてください。


まずは「黒鯛釣り」
このメルマガのテーマである「落とし込み」「前打ち」については、
体系的にまとめて解説されたものがほとんど見当たらず、
手前味噌で申し訳ありませんがご紹介します。

黒鯛(チヌ)釣り年間600匹 『落とし込み&前打ち』 こうすれば釣れます!!
http://kurodai600.4emms.jp/


次に質問が大変多い「フカセ」について、
私は「落とし込み・前打ち」が専門なので、
フカセについては私よりもさらに詳しい解説をしているものをご紹介します。

チヌ釣り 山元八郎 チヌ爆釣バイブル
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=42514

チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43617


「フカセ」については、グレのフカセも参考になりますのでご紹介します。

グレ釣り 山元八郎 驚異のグレ爆釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=32210

グレ釣り名人、藤原義雄のグレ(メジナ)釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43623


まったく関係がないと思われるかもしれませんが、
私が「落とし込み・前打ち」の「アワセ」で参考にしたのが、
魚の動きを読み取るヘラブナのウキの動きです。
また、渓流釣りの「テンカラ」という釣り方も参考にしていますので、
関連のものをご紹介します。

ヘラブナ釣り名人、田中武のへら鮒必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43614

アユ釣り名人、辻行雄の鮎釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43609


その他に、過去に質問があってオススメのものをご紹介します。

ルアー釣り名手、山本典史のシーバス必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43616

スズキ・ハネ(フッコ)・セイゴ釣りアングラー養成講座
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43610

ハネ釣り名人、今中毅のハネ釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43611

太刀魚釣り名人、山口正信のタチウオ必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43613

エギング名人、大森崇弘のアオリイカ釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43615

釣り堀名人、坂口昇の海上釣堀必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43612


今後も皆様の釣果アップに繋がるような情報を配信して行きますので
宜しくお願いいたします。


今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

今年の黒鯛釣り

☆★*:-,,☆★*:-,,☆★*:-,,★☆★,,-:*☆★,,-:*☆★,,-:*☆★
  黒鯛(チヌ)釣り 落としこみ&前打ちで年間600匹   
☆★*:-,,☆★*:-,,☆★*:-,,★☆★,,-:*☆★,,-:*☆★,,-:*☆★

黒鯛600 広岡(兄)です。

今回から私が弟に替わってお送りしますので、
宜しくお願い致します。


もう今年もあと数日。
今シーズンの釣果はいかがでしたか?


私の今シーズンは、弟と共に

「この釣りを多くの人に楽しんでもらうために、より簡単にする」

を目標に釣りをしてきました。


そんな目標でしたので、釣りをする場所も
「簡単に行けて安全な場所」ばかりを選んで行っていました。
10数年振りに行った場所もあって、懐かしかったり新鮮に感じたりして、
とてもおもしろかったです。

昨年は100%テトラでの釣りをしていましたが、今年は10%程だったように思います。


「落とし込み&前打ちを解説したマニュアル」を
ご購入していただいた方々専用のサポートフォーラムでは、
場所の写真や動画をご紹介していて、

「そんなところでも釣れるんだぁ」
「近くに同じような状況の場所があるのですが釣れますかね…」

といった質問をいただいて、
各地で釣れる可能性を広げてもらえたのではないかと思っています。

さらに、この釣りを楽しんでもらえるように、
来年も引き続き同じような動きをしていきたいと思っています。


これから本格的な冬になり、
釣りをするにはキビシイ状況にはなりますが、そんな状況でも
釣れる場所などの情報をご提供できるようにしていきたたいと思っています。


来年もどうぞ宜しくお願い致します。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**=*=*=*=*=*=*=*=

前回お知らせしましたところ、さらに質問が多くなったのでもう一度お知らせします。

自分がやっている釣り方とは違う釣り方を学んでみると、
自分の釣り方に応用できることも沢山あり、参考になる発見をすることが多いです。

また、違う魚の釣りからも参考になる「気づき」を得ることが多々あります。

そこで、私なりにいろいろと調べてみましたので、興味のあるものあれば見てみてください。


まずは「黒鯛釣り」
このメルマガのテーマである「落とし込み」「前打ち」については、
体系的にまとめて解説されたものがほとんど見当たらず、
手前味噌で申し訳ありませんがご紹介します。

黒鯛(チヌ)釣り年間600匹 『落とし込み&前打ち』 こうすれば釣れます!!
http://kurodai600.4emms.jp/


次に質問が大変多い「フカセ」について、
私は「落とし込み・前打ち」が専門なので、
フカセについては私よりもさらに詳しい解説をしているものをご紹介します。

チヌ釣り 山元八郎 チヌ爆釣バイブル
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=42514

チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43617


「フカセ」については、グレのフカセも参考になりますのでご紹介します。

グレ釣り 山元八郎 驚異のグレ爆釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=32210

グレ釣り名人、藤原義雄のグレ(メジナ)釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43623


まったく関係がないと思われるかもしれませんが、
私が「落とし込み・前打ち」の「アワセ」で参考にしたのが、
魚の動きを読み取るヘラブナのウキの動きです。
また、渓流釣りの「テンカラ」という釣り方も参考にしていますので、
関連のものをご紹介します。

ヘラブナ釣り名人、田中武のへら鮒必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43614

アユ釣り名人、辻行雄の鮎釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43609


その他に、過去に質問があってオススメのものをご紹介します。

ルアー釣り名手、山本典史のシーバス必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43616

スズキ・ハネ(フッコ)・セイゴ釣りアングラー養成講座
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43610

ハネ釣り名人、今中毅のハネ釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43611

太刀魚釣り名人、山口正信のタチウオ必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43613

エギング名人、大森崇弘のアオリイカ釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43615

釣り堀名人、坂口昇の海上釣堀必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43612


今後も皆様の釣果アップに繋がるような情報を配信して行きますので
宜しくお願いいたします。


今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**=*=*=*=*=*=*=*=

黒鯛釣りを簡単に!


皆さん、こんにちは。

釣果はいかがでしょうか?

黒鯛600 広岡です。


私が発行している落とし込み&前打ちを解説したマニュアルを
お読みいただいた方はご存知のように、

私の釣りの師匠は実の兄です。

このブログも師匠のアドバイスを聞きながら書いています。

そこで次回からは師匠にもこのブログに参加してもらおいうと思います。

師匠は「黒鯛600 広岡(兄)」として登場してもらいますので、
宜しくお願いします。


さて、前回は、今シーズンの釣りについてお話ししました。
もっと多くの人に黒鯛が釣れた時の「あの感動」を味わってもらうためには、
釣り方だけではなく、簡単に行けて安全な場所もお知らせする必要があるので、
今シーズンは、「実績のある場所」や「釣れそうな場所」ではなく、
「ここでも釣れるはずだ」とか「ここで釣れてもいいよな」といった場所へ
行っていますといった内容でした。

前回も行った場所の様子をご紹介しましたが、
その後いろいろな場所へ行ったので今回もご紹介します。

先ほどもご紹介した「落とし込み&前打ちを解説したマニュアル」を
ご購入していただいた方々専用のサポートフォーラムには、
行った場所で使ったエサや仕掛け、その日の状況や釣りをした時間などの
釣果報告を随時しているのですが、それがとても好評なので、
今後このブログでも一部ご紹介していきます。

今シーズンの目標が
「この釣りを多くの人に楽しんでもらうために、より簡単にする」
と言うことですので、とにかく場所は「誰でも行ける」が基準です。

そのため、
今ではほとんど行かなくなった湾内にある地続き防波堤や
船の係留場所などへ頻繁に行くようになりました。

中でも、私の地域の港の最深部にある防波堤は、
人工的に作られた水害対策用の放水路の河口にあり、
汽水域のとても特殊な環境ではありますが、誰でも気軽に行ける場所です。

放水路の流れを誘導するように防波堤が作ってあって、
防波堤の片側は護岸された川の片側のようになっています。

その反対側には砂浜があって、ハゼやキス釣りもできます。

もちろん黒鯛の魚影もそれなりで、サイズも50cmを超えるものが釣れます。

先日も51cmが釣れましたが、
なんと砂浜になっている側の岸から10mほどの防波堤の際でした。
水深も1.5mほどのところ。

一緒に釣りをしていた友人に
「ふつうこんな場所でこのサイズが釣れるかぁ?(^^)」と言うと、
「ふつうこんな場所でチヌ釣りをするかぁ?」と言われました(笑)

近くで釣りをしていた人達も、
「こんなところにこんな大きな黒鯛がいるんだぁ」とビックリしていましたが、
今シーズンの目的を達成できた感があって私も嬉しかったです。

通常この場所は水深が浅いため底まで透けて見える場所なのですが、
釣れた日は防波堤にほぼ直角に強い風が当たっていて、波も当たっていました。
当然水も濁っていましたので、落とし込みをやるような場所ではないのですが、
なんとなく「こんな日はここに黒鯛がいてもいいよな」と思ってやってみたら釣れました。

へち竿ではなく、短めの落とし込み用の竿で、
・道糸3号
・ハリス2.5号
・ハリはカニ用5号
・ガン玉2B(風が強くなければ通常は1号)
・エサはカニです。

この場所では誰も落とし込みをやってなかったのですが、釣れたのをウワサで聞いたのか、
最近では皆さん半信半疑で一応やってみているようです。

今後もこのような場所をみつけて釣りをしてみようと思って言います。

釣果が出たら、皆さんの釣果に繋がるような情報と共にお知らせしますね。


=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**=*=*=*=*=*=*=*=


自分がやっている釣り方とは違う釣り方を学んでみると、
自分の釣り方に応用できることも沢山あり、参考になる発見をすることが多いです。

また、違う魚の釣りからも参考になる「気づき」を得ることが多々あります。

そこで、私なりにいろいろと調べてみましたので、興味のあるものあれば見てみてください。


まずは「黒鯛釣り」
このメルマガのテーマである「落とし込み」「前打ち」については、
体系的にまとめて解説されたものがほとんど見当たらず、
手前味噌で申し訳ありませんがご紹介します。

黒鯛(チヌ)釣り年間600匹 『落とし込み&前打ち』 こうすれば釣れます!!
http://kurodai600.4emms.jp/


次に質問が大変多い「フカセ」について、
私は「落とし込み・前打ち」が専門なので、
フカセについては私よりもさらに詳しい解説をしているものをご紹介します。

チヌ釣り 山元八郎 チヌ爆釣バイブル
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=42514

チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43617


「フカセ」については、グレのフカセも参考になりますのでご紹介します。

グレ釣り 山元八郎 驚異のグレ爆釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=32210

グレ釣り名人、藤原義雄のグレ(メジナ)釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43623


まったく関係がないと思われるかもしれませんが、
私が「落とし込み・前打ち」の「アワセ」で参考にしたのが、
魚の動きを読み取るヘラブナのウキの動きです。
また、渓流釣りの「テンカラ」という釣り方も参考にしていますので、
関連のものをご紹介します。

ヘラブナ釣り名人、田中武のへら鮒必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43614

アユ釣り名人、辻行雄の鮎釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43609


その他に、過去に質問があってオススメのものをご紹介します。

ルアー釣り名手、山本典史のシーバス必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43616

スズキ・ハネ(フッコ)・セイゴ釣りアングラー養成講座
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43610

ハネ釣り名人、今中毅のハネ釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43611

太刀魚釣り名人、山口正信のタチウオ必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43613

エギング名人、大森崇弘のアオリイカ釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43615

釣り堀名人、坂口昇の海上釣堀必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43612


今後も皆様の釣果アップに繋がるような情報を配信して行きますので
宜しくお願いいたします。


今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

誰でもできる黒鯛釣り

皆さん、こんにちは。

釣果はいかがでしょうか?

黒鯛600 広岡です。


今回は、今シーズンの釣りについてお話します。

今シーズンの私の釣りは、釣りをする場所を変えています。
どういうことかと言うと、
普通は「実績のある場所」や「釣れそうな場所」へ行きますが、
そうではなく「ここでも釣れるはずだ」とか「ここで釣れてもいいよな」
といった場所へ行っています。

先日も海水浴場の砂浜から地続きの縦堤で、
いわゆるファミリーで釣りを楽しむ場所へ行ってきました。

T字になっていて先端の外海に面したところにテトラが入っているので、
「黒鯛がいてもいい」場所です。

980円ほどの「海釣りセット」で
イソメをエサに投げ釣りをしている若いお母さんがキスを釣ったのを横目に見ながら、
いつもならスパイクのついた靴をはいているところですが、サンダル履きで先端へ向かいました。

釣果はというと、ご想像のとおり「坊主」(^^)

エサがカニだったせいもあってフグばっかり。

案の定という結果なので、メゲずにもう少し通ってみようと思っています。


他にも女性や子供でも簡単に行けて、安全な場所が沢山ありますので、
そういった場所で黒鯛釣りをしてみようと思っています。

今期このような試みをしている理由は、
「黒鯛は難しい釣り」というイメージがあって、
対象魚にするには少々ハードルが高いという誤解をなんとか払拭できないかと思い、
数年前に黒鯛の釣り方を解説したマニュアルを公開したのですが、
その思いをさらに実現する為です。

いつもは、防波堤の他に釣れる確立が高いテトラ帯を、
スパイクの付いた長靴を履いて登ったり降りたりしながら移動して釣りをしているわけですが、
それは女性や子供にはとても勧められるものではありません。

もっと多くの人に黒鯛が釣れた時の「あの感動」を味わってもらうためには、
釣り方だけではなく、簡単に行けて安全な場所もお知らせする必要があると考えました。

実際にファミリーで釣りへ行くような季節は、
黒鯛にとっても活性の高い季節ですので、
もちろんテトラ帯に比べると釣れる確率は落ちますが、
安全な場所でも意外と釣れることはわかっていますので、
そんな場所でどうやれば釣れるかを実績を基にお知らせしていこうと思っています。

すでに数箇所で釣りをして「こんな場所でぇ?」というところでも釣れた実績がありますので、
釣果に恵まれた順にお知らせしていきます。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**=*=*=*=*=*=*=*=

前回お知らせしましたところ、さらに質問が多くなったのでもう一度お知らせします。

自分がやっている釣り方とは違う釣り方を学んでみると、
自分の釣り方に応用できることも沢山あり、参考になる発見をすることが多いです。

また、違う魚の釣りからも参考になる「気づき」を得ることが多々あります。

そこで、私なりにいろいろと調べてみましたので、興味のあるものあれば見てみてください。


まずは「黒鯛釣り」
このブログのテーマである「落とし込み」「前打ち」については、
体系的にまとめて解説されたものがほとんど見当たらず、
手前味噌で申し訳ありませんがご紹介します。

黒鯛(チヌ)釣り年間600匹 『落とし込み&前打ち』 こうすれば釣れます!!
http://kurodai600.4emms.jp/


次に質問が大変多い「フカセ」について、
私は「落とし込み・前打ち」が専門なので、
フカセについては私よりもさらに詳しい解説をしているものをご紹介します。

チヌ釣り 山元八郎 チヌ爆釣バイブル
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=42514

チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43617


「フカセ」については、グレのフカセも参考になりますのでご紹介します。

グレ釣り 山元八郎 驚異のグレ爆釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=32210

グレ釣り名人、藤原義雄のグレ(メジナ)釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43623


まったく関係がないと思われるかもしれませんが、
私が「落とし込み・前打ち」の「アワセ」で参考にしたのが、
魚の動きを読み取るヘラブナのウキの動きです。
また、渓流釣りの「テンカラ」という釣り方も参考にしていますので、
関連のものをご紹介します。

ヘラブナ釣り名人、田中武のへら鮒必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43614

アユ釣り名人、辻行雄の鮎釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43609


その他に、過去に質問があってオススメのものをご紹介します。

ルアー釣り名手、山本典史のシーバス必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43616

スズキ・ハネ(フッコ)・セイゴ釣りアングラー養成講座
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43610

ハネ釣り名人、今中毅のハネ釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43611

太刀魚釣り名人、山口正信のタチウオ必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43613

エギング名人、大森崇弘のアオリイカ釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43615

釣り堀名人、坂口昇の海上釣堀必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43612


今後も皆様の釣果アップに繋がるような情報を配信して行きますので
宜しくお願いいたします。


今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

釣り全体を考えてみました


皆さん、釣果はいかがでしょうか?

黒鯛600 広岡です。


今回は、ご質問をいただく回数が多い「釣り全体」についてお話します。
(私が発行している黒鯛釣りのマニュアルをお読みいただいた方専用に運営しているフォーラムにお寄せいただいた回数が多い質問です)

このブログでは、
黒鯛(チヌ)の釣り方を「落とし込み」「前打ち」に
焦点を絞ってお話をさせていただいていますが、
釣り全体としては対象となる魚がとても多くいて、
それぞれの魚によって道具やエサ、釣り方が違っていますね。

その上、
黒鯛(チヌ)のように1種類の魚でも沢山の釣り方がある場合がありますので、
どれがベストなのか戸惑うことも多いです。

どれかを選ぶ場合には、
ある程度比較しないとどれが良いかの判断がつかないわけですが、
なかなか具体的に比較ができる機会が少ないので、
「これはどうなんでしょう?」という質問が多いのだと思います。

自分がやっている釣り方とは違う釣り方を学んでみると、
自分の釣り方に応用できることも沢山あり、参考になる発見をすることが多いです。

また、違う魚の釣りからも参考になる「気づき」を得ることが多々あります。

そこで、私なりにいろいろと調べてみましたので、興味のあるものあれば見てみてください。


まずは「黒鯛釣り」
このブログのテーマである「落とし込み」「前打ち」については、
体系的にまとめて解説されたものがほとんど見当たらず、
手前味噌で申し訳ありませんがご紹介します。

黒鯛(チヌ)釣り年間600匹 『落とし込み&前打ち』 こうすれば釣れます!!
http://fresh4em.xsrv.jp/
http://kurodai600.com/


次に質問が大変多い「フカセ」について、
私は「落とし込み・前打ち」が専門なので、
フカセについては私よりもさらに詳しい解説をしているものをご紹介します。

チヌ釣り 山元八郎 チヌ爆釣バイブル
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=42514

チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43617


「フカセ」については、グレのフカセも参考になりますのでご紹介します。

グレ釣り 山元八郎 驚異のグレ爆釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=32210

グレ釣り名人、藤原義雄のグレ(メジナ)釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43623


まったく関係がないと思われるかもしれませんが、
私が「落とし込み・前打ち」の「アワセ」で参考にしたのが、
魚の動きを読み取るヘラブナのウキの動きです。
また、渓流釣りの「テンカラ」という釣り方も参考にしていますので、
関連のものをご紹介します。

ヘラブナ釣り名人、田中武のへら鮒必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43614

アユ釣り名人、辻行雄の鮎釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43609


その他に、過去に質問があってオススメのものをご紹介します。

ルアー釣り名手、山本典史のシーバス必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43616

スズキ・ハネ(フッコ)・セイゴ釣りアングラー養成講座
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43610

ハネ釣り名人、今中毅のハネ釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43611

太刀魚釣り名人、山口正信のタチウオ必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43613

エギング名人、大森崇弘のアオリイカ釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43615

釣り堀名人、坂口昇の海上釣堀必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43612


今後も皆様の釣果アップに繋がるような情報を配信して行きますので
宜しくお願いいたします。


今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

ようやく・・・

このたびの地震による被害を受けられたみなさまに
心よりお見舞い申し上げます。
みなさまの健康と一日も早い復旧をお祈りいたします。

震災からこれまで配信を自粛しておりましたが、
本日、再開することとなりました。

内容によっては「こんなときに・・・」と賛否両論あるかと思いますが、
楽しみにしていただいている読者様もいらっしゃいますので、
今まで以上に良い内容をご提供することで、
少しでも心の回復のお手伝いができれば幸いです。

時期尚早かも分かりませんが、ご理解いただけますようお願い致します。


連日の報道を見て、
私としてもなかなか釣りのことを考える余裕がありませんでした。
今回の災害は、地震よりも津波の被害が大きく、
海が大好きで、釣りが大好きな人達をも海が奪ってしまいました。
そのな気持ちが私の心を占領していて、
とても釣りのことを考えられる状態ではありませんでした。

しかし、先日、私がご紹介させていただいている
黒鯛釣りのマニュアルをご覧いただいた方より
「自粛していましたが、元気を出すためにも釣りへ行ってきました」
という始まりの長いメールをいただいて、私自身も元気をもらいました。
この方は、自粛と節電以外に自分にできることはないかと考え、
ご自分の会社で行っている被災者支援のボランティアに応募し,
周囲の方の協力を得ながら同じ会社で被災した人のために
社内で募金を立ち上げた方です。

同じような気持ちでいたからこそ、その方の「自分から元気を伝えよう」
という思いに共感することができ、このブログをお送りすることができました。

そして、昨日、災害後はじめていつも釣りへ行くテトラの様子を見てきました。
過去の地震で、テトラが崩れたりしていますので、今回のような大きな地震では、
かなり様子が変わっているのではないかと思っていたのですが、
これと言って気がつくような変化がなく、今までどおりに釣りができるようです。

次回は釣りをして、水中の様子も探ってみたいと思っています。

それでは今後も宜しくお願いいたします。


すでに発行してからかなりの日が経っている黒鯛釣りのマニュアルですが、
最近リニューアルし、上級編や2007年から運営している
情報の宝庫であるフォーラムなどを追加して、さらに充実しました。
機会がありましたら http://kurodai600.com/
または http://fresh4em.xsrv.jp/
をご覧いただけると幸いです。

タグ:釣り チヌ 黒鯛

猛暑の黒鯛釣り

皆さん、釣果はいかがでしょうか?

黒鯛600 広岡です。

これだけ暑い日が続くとカラダに変調を起しますよね。
釣りをしていても、あまりの暑さに倒れそうです…

海水温度も例年よりも高く、黒鯛にとっても水温が高すぎて
活性が上がらないのではないでしょうか。

こんな時は河口が狙い目というのがセオリーですが、
皆さんの地域ではいかがですか?

私の地域では、今シーズンは型がいいように思います。
本来であれば25p〜30pの数釣りシーズンなのですが、
今年は40pオーバーがけっこう釣れますし、
50pオーバーも混じります。
数も少ないわけではないので、猛暑もいいのかな?という感じです。

ただ、型がいい傾向は7月初旬から続いていることなので、
猛暑との関係は定かではありませんが…

いずれにしても、今年は釣果に恵まれる年のようなので、
熱中症に気をつけて釣果を伸ばしてください。


さて、前回もお知らせいたしましたが、
このブログやメルマガがキッカケで、
黒鯛釣りのマニュアルを出すお話しをいただきました。

すでに発行してからかなりの日が経っているのですが、
最近リニューアルし、上級編や2007年から運営している
情報の宝庫であるフォーラムなどを追加して、さらに充実しました。
機会がありましたら http://kurodai600.co.cc/ を
ご覧いただけると幸いです。


今後も皆様の釣果アップに繋がるような情報を配信して行きますので
宜しくお願いいたします。

お知らせ


数釣りが期待できる時期になりましたが、
釣果はいかがでしょうか?


今回は、このブログとメルマガがキッカケで発行しました
黒鯛釣りのマニュアル(http://fresh4em.xsrv.jp/)が
近々値上げになるというお知らせです。

値上げの日にちはまだハッキリしていないのですが、
7月上旬には値上げになる予定ですので、
ご購入予定の方はお早目にお申込みください。


黒鯛が元気な季節到来

皆さん、釣果はいかがでしょうか?

釣行へは相変わらず頻繁に行っているのですが、
とても久しぶりの更新になってしまいました。

前回の釣行で気がつきましたが、
いよいよ黒鯛がもっとも元気な季節に突入しましたね。

地域によって時期にズレがあるとは思いますが、
私の地域では9月の下旬から落ちるまでの期間、
黒鯛がとても元気です。

テトラで掛けると、30cmほどの黒鯛でも一気に引っ張られて
なかなか獲れません。

夏の間、型の小さい黒鯛を相手にしていて
すっかり油断している気持ちが引き締められるような感じです。

本気で勝負しないと切られるので、とても楽しい季節ですね。




さて、前回もお知らせいたしましたが、
このブログとメルマガがキッカケで、
黒鯛釣りのマニュアルを出すお話しをいただきました。

すでに発行してからかなりの日が経っているのですが、
機会がありましたら http://fresh4em.xsrv.jp/ をご覧いただけると幸いです。



今後も皆様の釣果アップに繋がるような情報を配信して行きますので
宜しくお願いいたします。


のっこみ

みなさん、釣果はいかがでしょうか?

4月に入り本格的に「春」といった雰囲気ですね。


黒鯛(チヌ)釣りの春というと、なんといっても「のっこみ」です。

毎年この時期は「のっこみ」はいつ?という話題が多いですね。

昨年もこの時期に同じような話題をお送りした記憶がありますが、
「のっこみ」はシーズンの幕開けを告げるワクワク感と、
大型に出会えるチャンスですので、今年も「のっこみ」ついて
お送りします。


この「のっこみ」は地域によってかなり時期が違います。

しかも、同じ地域でもほんの数キロ離れただけで
けっこう違っています。

毎年「そろそろかな」と思うと、大型の実績がある場所を
探りに行くのですが、「のっこみ」の期間も毎年違っています。

みなさんの「のっこみ」の始まりを宣告するタイミングはいつでしょうか?

私の仲間内では、誰かが居つきではない黒鯛(チヌ)を釣った日に
みんなに「入ったぞぉ」と連絡がまわり、「のっこみ」の始まりです。

沖から戻った黒鯛(チヌ)は明らかにカラダの色が違うので
すぐにわかります。

どこで釣れたかも重要で、
「○○のテトラに入ったと言うことは○○も釣れるな」とか
「○○はもう一週間後だな」といった予想がつくからです。

もうひとつ、私たちが「のっこみ」の目安にしていることが、
知り合いの漁師のおっちゃんが「入ったぞ」と教えてくれることです。

仲間内の誰かが居つきではない黒鯛(チヌ)を釣ったときの
「入ったぞ」は岸まで来たということですが、
漁師のおっちゃんの「入ったぞ」は沖の網で獲れたということなので、
あと数日で釣れるようになるということです。


「のっこみ」では数より大型狙いで、「のっこみ」の期間しか
行かないポイントもあります。

「のっこみ」でけっこうデカイのが着くポイントがあるのですが、
「のっこみ」の期間がすぎるとサッパリ釣れなくなるポイントです。

今年の「のっこみ」は大型に出会えるかなぁ・・・?

待ち遠しいですね。


と言っても、

私の地域の「のっこみ」はおおよそゴールデンウィークの頃なので、

もうしばらくは「居つき」との勝負です・・・



さて、前回もお知らせいたしましたが、
このブログとメルマガがキッカケで、
黒鯛釣りのマニュアルを出すお話しをいただきました。

すでに発行してからかなりの日が経っているのですが、
機会がありましたら http://fresh4em.xsrv.jp/ をご覧いただけると幸いです。


今後も皆様の釣果アップに繋がるような情報を配信して行きますので
宜しくお願いいたします。

春近し・・・

釣果はいかがでしょうか?

ここのところ関東では雪が降ったりしていますが、
3月に入って春近しですね。

ただ、春が近いと言っても、黒鯛釣りにとってはほとんどの地域がまだ冬モード。

のっこみまでは相変わらず居つきの黒鯛を狙うしかありません。

先日釣りへ行ったのですが、波が高くて釣りができませんでした。

やっぱりまだ春は遠いと感じました・・・


暖かい日が数日続くと、多少黒鯛の活性もあがるような気がします。

もちろん潮まわりもおおいに関係しますが、
暖かった日の翌朝のマズメ時に居つきを狙いに行ってみようと思っています。


まだまだ防波堤の際でエサをついばむ時期ではないので、
テトラの深場狙いになりますが、暖かくて多少でも活性が上がり、
フラフラと泳いでいる黒鯛を狙おうと思っています。


雪の降る地域はもう一ヶ月もすると「雪しろ」といって
山から雪解け水が流れ込むために、河口付近の水温がさがります。
そうなると、河口から離れた場所が狙い目になります。

このように、釣り場の特性を知っていることも釣果を上げる
ポイントになりますので、ご自分が行かれる場所を観察してみてください。



さて、このブログとメルマガがキッカケで、
黒鯛釣りのマニュアルを出すお話しをいただきました。

すでに発行しからかなりの日が経っているのですが、
機会がありましたら

 http://fresh4em.xsrv.jp/ 

をご覧いただけると幸いです。


今後も皆様の釣果アップに繋がるような情報を配信して行きますので
宜しくお願いいたします。

冬の黒鯛はどこにいる?

釣果はいかがでしょうか?

冬の期間は黒鯛が沖へ行ってしまい、少ない居着きを狙うことになります。

そうなると「黒鯛が着きそうな場所」を数多く知っている方が断然有利です。

一般的には「深くなっているところ」ですが、
先日、冬とは思えない水深で釣れたので、
こんなこともあるんだというケーススタディとして
参考にしてください。


場所はテトラ帯、波がそこそこある朝マズメでした。

波が足元のテトラに当たって、サラシのようになっていました。

夏場もよく行く場所ですので、水中のテトラがどのようになっているか
おおよそわかっています。

作戦としては、波が足元のテトラに当たって引いていく時に
その流れに乗せてカニを沖へ流して目的のテトラに
近づけようと思っていました。

波のないときの足元の水深は2mほどですので、
波が引いたときは1mほどになっているはずです。

そんな水深ですので、澄んでいるときは海底まで丸見えです。

夏場でも釣れるような場所ではないのですが、


なんと釣れてしまいました。


40cm弱のサイズでしたので、大きくはないですが・・・

ハリスが沈みきる前に食ってきました。
私はハリスの長さを矢引きしかとらないのですし、
冬はさらに10cmほど短くしますので、
ハリスの長さは60cm〜70cmです。

そのハリスが沈みきる前に食ってきたのですから
おそらく水深50cmほどの場所にいたということです。

夏場は背びれが見えるほどの水深で捕食していることがよくありますが、
冬にその水深にいることすら予想していなかったので
まったく無警戒状態。

最初のアタリもアタリだと思っていなかったほどです。

「しまったぁー この時期にこんな浅いところで食うなんてぇ」

「しまったぁー」まではホントに声を出して言いました・・・


こんなこともあるんだと、いい教訓になりましたので、
厳しい状況の冬場ですから、チャンスを逃さないように
皆さんも気をつけてくださいね。



さて、このブログとメルマガがキッカケで、
黒鯛釣りのマニュアルを出すお話しをいただきました。

すでに発行しからかなりの日が経っているのですが、
機会がありましたら

 http://fresh4em.xsrv.jp/ 

をご覧いただけると幸いです。


今後も皆様の釣果アップに繋がるような情報を配信して行きますので
宜しくお願いいたします。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。