黒鯛(チヌ) バラシについて

こんにちは。

シーズン真っ只中、皆さん釣果はいかがでしょうか?


さて、今回はバラシについてのお話をしたいと思います。

今期は59cmを筆頭に50cmアップがすでに数匹釣れているのですが、
釣れた数と同じくらいの数をバラしています…

今期はタモ入れ直前のバラシが多いので、
魚を浮かせて姿もしっかり見た後のバラシです。

昨日も40cmほどが1匹と明らかに50cmオーバーが1匹をばらしました。
ちょっとバラシが多いので、原因を今回のバラシで考えてみたのですが、
どうやら、竿を持つ手とリールを巻く手、そしてタモを持つ手の関係だと思われます。

私は左右どちらの手でも竿を持ちます。
防波堤で海に向かって右へ行く時は左手で竿を持ち、左へ行く時は右手で竿を持ちます。

そしてリールは右手で巻きます。

タモは左手で持って魚を取り込みます。

ということは、右手で竿を持っている時に釣れた場合、
アワセてから最初のやり取りを右手で行い、
糸を巻く時になると左手に持ち替えて巻き、
いよいよタモ入れになるとまた右手に持ち替えて左手でタモを持ちます。

この間で、魚を浮かせてタモに入れる際のバラシが多いので、
テンションを緩ませてしまうのだろうと思われます…

考えてみると、50cmアップの良型を獲ったのは、
右手で持っている時よりも取り込みまでに1工程少ない左手で竿を持っている側ですので、
今後はそういった事も意識してみようと思います。

皆さんは「竿」「リール」「タモ」どちらの手ですか?


=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**=*=*=*=*=*=*=*=
黒鯛(チヌ)釣り年間600匹 『落とし込み&前打ち』 こうすれば釣れます!!
http://kurodai600.4emms.jp/
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**=*=*=*=*=*=*=*=
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404144294
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。