黒鯛釣りを簡単に!


皆さん、こんにちは。

釣果はいかがでしょうか?

黒鯛600 広岡です。


私が発行している落とし込み&前打ちを解説したマニュアルを
お読みいただいた方はご存知のように、

私の釣りの師匠は実の兄です。

このブログも師匠のアドバイスを聞きながら書いています。

そこで次回からは師匠にもこのブログに参加してもらおいうと思います。

師匠は「黒鯛600 広岡(兄)」として登場してもらいますので、
宜しくお願いします。


さて、前回は、今シーズンの釣りについてお話ししました。
もっと多くの人に黒鯛が釣れた時の「あの感動」を味わってもらうためには、
釣り方だけではなく、簡単に行けて安全な場所もお知らせする必要があるので、
今シーズンは、「実績のある場所」や「釣れそうな場所」ではなく、
「ここでも釣れるはずだ」とか「ここで釣れてもいいよな」といった場所へ
行っていますといった内容でした。

前回も行った場所の様子をご紹介しましたが、
その後いろいろな場所へ行ったので今回もご紹介します。

先ほどもご紹介した「落とし込み&前打ちを解説したマニュアル」を
ご購入していただいた方々専用のサポートフォーラムには、
行った場所で使ったエサや仕掛け、その日の状況や釣りをした時間などの
釣果報告を随時しているのですが、それがとても好評なので、
今後このブログでも一部ご紹介していきます。

今シーズンの目標が
「この釣りを多くの人に楽しんでもらうために、より簡単にする」
と言うことですので、とにかく場所は「誰でも行ける」が基準です。

そのため、
今ではほとんど行かなくなった湾内にある地続き防波堤や
船の係留場所などへ頻繁に行くようになりました。

中でも、私の地域の港の最深部にある防波堤は、
人工的に作られた水害対策用の放水路の河口にあり、
汽水域のとても特殊な環境ではありますが、誰でも気軽に行ける場所です。

放水路の流れを誘導するように防波堤が作ってあって、
防波堤の片側は護岸された川の片側のようになっています。

その反対側には砂浜があって、ハゼやキス釣りもできます。

もちろん黒鯛の魚影もそれなりで、サイズも50cmを超えるものが釣れます。

先日も51cmが釣れましたが、
なんと砂浜になっている側の岸から10mほどの防波堤の際でした。
水深も1.5mほどのところ。

一緒に釣りをしていた友人に
「ふつうこんな場所でこのサイズが釣れるかぁ?(^^)」と言うと、
「ふつうこんな場所でチヌ釣りをするかぁ?」と言われました(笑)

近くで釣りをしていた人達も、
「こんなところにこんな大きな黒鯛がいるんだぁ」とビックリしていましたが、
今シーズンの目的を達成できた感があって私も嬉しかったです。

通常この場所は水深が浅いため底まで透けて見える場所なのですが、
釣れた日は防波堤にほぼ直角に強い風が当たっていて、波も当たっていました。
当然水も濁っていましたので、落とし込みをやるような場所ではないのですが、
なんとなく「こんな日はここに黒鯛がいてもいいよな」と思ってやってみたら釣れました。

へち竿ではなく、短めの落とし込み用の竿で、
・道糸3号
・ハリス2.5号
・ハリはカニ用5号
・ガン玉2B(風が強くなければ通常は1号)
・エサはカニです。

この場所では誰も落とし込みをやってなかったのですが、釣れたのをウワサで聞いたのか、
最近では皆さん半信半疑で一応やってみているようです。

今後もこのような場所をみつけて釣りをしてみようと思って言います。

釣果が出たら、皆さんの釣果に繋がるような情報と共にお知らせしますね。


=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**=*=*=*=*=*=*=*=


自分がやっている釣り方とは違う釣り方を学んでみると、
自分の釣り方に応用できることも沢山あり、参考になる発見をすることが多いです。

また、違う魚の釣りからも参考になる「気づき」を得ることが多々あります。

そこで、私なりにいろいろと調べてみましたので、興味のあるものあれば見てみてください。


まずは「黒鯛釣り」
このメルマガのテーマである「落とし込み」「前打ち」については、
体系的にまとめて解説されたものがほとんど見当たらず、
手前味噌で申し訳ありませんがご紹介します。

黒鯛(チヌ)釣り年間600匹 『落とし込み&前打ち』 こうすれば釣れます!!
http://kurodai600.4emms.jp/


次に質問が大変多い「フカセ」について、
私は「落とし込み・前打ち」が専門なので、
フカセについては私よりもさらに詳しい解説をしているものをご紹介します。

チヌ釣り 山元八郎 チヌ爆釣バイブル
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=42514

チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43617


「フカセ」については、グレのフカセも参考になりますのでご紹介します。

グレ釣り 山元八郎 驚異のグレ爆釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=32210

グレ釣り名人、藤原義雄のグレ(メジナ)釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43623


まったく関係がないと思われるかもしれませんが、
私が「落とし込み・前打ち」の「アワセ」で参考にしたのが、
魚の動きを読み取るヘラブナのウキの動きです。
また、渓流釣りの「テンカラ」という釣り方も参考にしていますので、
関連のものをご紹介します。

ヘラブナ釣り名人、田中武のへら鮒必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43614

アユ釣り名人、辻行雄の鮎釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43609


その他に、過去に質問があってオススメのものをご紹介します。

ルアー釣り名手、山本典史のシーバス必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43616

スズキ・ハネ(フッコ)・セイゴ釣りアングラー養成講座
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43610

ハネ釣り名人、今中毅のハネ釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43611

太刀魚釣り名人、山口正信のタチウオ必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43613

エギング名人、大森崇弘のアオリイカ釣り必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43615

釣り堀名人、坂口昇の海上釣堀必釣法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=28457&iid=43612


今後も皆様の釣果アップに繋がるような情報を配信して行きますので
宜しくお願いいたします。


今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。